FC2ブログ

独り言 その壱千九百五

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日、NVIDIAのJensen Huang(ジェンスン・フアン)CEOの自宅キッチンから世界に向けて、RTX30世代のグラフィックボードの発表が行われました。


 事前のリーク情報では『RTX20世代の2倍の性能を誇る』とも言われていました。
 正直、その話を聞いたとき『流石に盛りすぎでは…?』と眉につばを塗っていたのですが。

 蓋を開けて見れば…。




 事前情報通りの性能に愕然。
 技術の進歩とは、かくも早いものでしたか…。
 比較対象がRTX2080TiどころかTITAN RTXになろうかという、とんでもない性能になっています。

 しかし、んー…。

 私に必要かというと…要らないかなぁ、と。
 VRゲームを遊ぶ人にとっては魅力的なグラフィックボードになるんでしょうけどね。
 今の私が遊んでいるゲームに、ここまでの性能を求められるものはありません。
 FPSなどを遊ぶ上で、描画性能の高いグラフィックボードを使うに越したことはありませんが、2080Ti超えとなると…。
 フレームレートを維持しつつ、最高画質で遊びたい…という人には良いでしょう。
 でも、描画品質の向上にも良し悪しがあります。
 演出がリアルになることで、視認性が低下することもあるのですから。
 その意味では、このグラフィックボードは使いでがなく、私には贅沢です。

 仮に、この先、RTX30の性能が必要となる、遊びたいゲームが出たとして…。

 2070で動かすことを前提に組んだ今のパソコン様ではCPUの処理が追いつかず、ボトルネックが発生し…RTX30の性能を活かせないでしょう。
 買うとなったら全取っ替えですね;

 でも、そうなると気になるのが…。

 ファウンダリーエディションでは、グラフィックボードを地面に対して平行に設置した際に、下から吸気して上から排気するという、空冷派泣かせの仕様になっているところです。
 排気がモロにCPUクーラーの吸気口に当たりますからね。
 MSIなんかがカスタマイズすれば、また違った機構になるのかもしれませんが。
 次に作るとしたら、グラフィックボードを垂直配置にするか…或いはCPUクーラーを水冷にするかですかねぇ…。



 しかし、このRTX30の登場は『PSO2:NGS』を待つアークスにとっては朗報かもしれませんね。
 RTX30の発表後まもなく、既存モデルの値崩れが始まっているそうですから。
 アップデートは楽しみだけど、パソコンの性能がちょっと不安…という人には、まさに買い替えのチャンスです。
 PSO2を遊ぶに十分なグラフィックボードを、より安く手に入れられるでしょう。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する