FC2ブログ

独り言 その壱千八百六

 大きいだけの鈴蘭です。


 ついに緊急事態宣言ですか。
 先例主義的な官僚国家が、ようやく此処まで…といったところでしょうか。
 未曾有の事態に対し、打てる手を打たんとする政府を内心で応援している鈴蘭です。
 しかしネットで見るに、これには批判的な意見もあるようですね。

 うーん…。

 今回の新型肺炎への対応の評価は、事態が終息して、物事の前後が私達にも見えるようになって、初めて出来るもの。
 今なんのかんの言っても始まらないと思うのですけどね。
 少なくとも…『死亡者を出さない』という日本政府の方針は、ギリギリのところで成果を出しています。
 諸外国が『感染者を出さない』という方針を採用して医療崩壊を起こしている様を見るに…批判は尚早とも思えます。

 なんでしたっけ。
 『プロの感想と素人のアドバイスに耳を貸すな』でしたか。
 あれそのものではないでしょうかね…。



■今日のニークス

 私を知る…という昨日の続き。

 話をまとめられず、中途半端になってしまい…気になって仕方なかったのです;
 と言っても、まだ上手く言葉にする方法が見つかっていないのですが…。

 なので、端的に少しだけ。

 ええと…。
 視野を狭くしている要因の一つに、私自身への不信があるかもしれません。
 キャラクター周辺に私の意識が集中しているのは、自分がキャラクターを操る自信がないから。
 常にキャラクターを見て、その動作を確認せねば安心できないのです。

 敵の動きを追わねばならない場面でも、常にキャラクターが中心に居ます。
 これでは遠く、大きく動く敵を追うことなど到底できません。
 分かってはいるのですけどね;
 下手な私が出来るはずがない…と、いつも手元を見てしまうのです。

 この癖をなおさんとなぁ…。



■コメントへのお返事
 また後ほど。
>はすわりさん
 コメントありがとうございます。

 そうですね…何が正しいのかを探すにも。
 人それぞれに合ったやり方があるのでしょうね。
 生憎、私はまだやり方を見付けられていませんが…。
 何れ見付けられたらと思います。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する