FC2ブログ

独り言 その壱千八百

 大きいだけの鈴蘭です。

 ゲームを抱えすぎては回らなくなり。
 楽しむべきを楽しむのではなく、それに追われるようなことにもなりかねません。
 シングルタスクな私などでは特に…。

 そんな訳で、今は遊ぶゲームを絞っている鈴蘭ですが…。


 話題にはしていませんでしたが、アズールレーンは続けており。
 日課、イベントを熟し、艦船の収集率は100%を維持しています。

 それはゲームシステムへの理解を深める、という遊びではなく。
 ゲームの世界への親しみを深める…漠然としたもの。

 日常のものとするに、これくらいが私には丁度いいのかもしれませんね;



■今日のニークス

 最近はヘビィボウガンをキャンプに預け、太刀で討伐に臨んでいる鈴蘭ですが…。
 先日のムフェト討伐でのこと。
 珍しく私以外のヘビィボウガン使いの方を見かけました。

 このムフェト戦ではライトボウガンの水冷特化が最適解とされ、右を向いても左を向いても水冷ライトの人ばかり。
 私がヘビィボウガンを持ち込んだときは、ずいぶん肩身を狭く感じたもので。
 内心『勝手が分かってなくて申し訳ない…;』と、後ろめたさでいっぱいでした。
 特に考えがあってのことではありませんでしたからね。
 『貫通で翼を狙うのが良いらしい』くらいのもので、コンセプトなど皆無でした。
 一方でその方は、徹甲榴弾特化の装備構成。
 KOでのスタンと部位破壊を狙う意図が明確です。

 ははぁ…。

 考えを持って臨む姿勢に感心したももの。
 徹甲榴弾に馴染みのない鈴蘭にとって、それが効果的かどうかの判断がつきません。
 後日、フレさんに『こんなことがあったのですが…』と話したところ。
 『徹甲榴弾で翼以外の部位を破壊優先で動くのは基本の一つ』と教えて戴きました。

 …基本でしたか;

 私は使う武器を選びはするものの、それで何をするかの目的意識が不明瞭です。
 しかし、それでは武器を使うには足りず。
 本来は、戦いを効果的に進めるため『何を為すか』を決め、そのための手段として武器を選ぶべきなのです。
 なんだったら…。

 『部位を破壊したら武器を持ち替えてもいいです』

 …。

 おお!

 そういえば、別の人が太刀とライトボウガンを持ち替えながら戦っていました。
 なるほど、持ち替えですか。
 持ち込んだ武器で戦うことばかり考えていて、持ち替えなど考えもしませんでした;
 ルールで制限されているわけではないのですから、持ち替えても良かったんでしたね…。

 つくづく、頭が固いですね…私は;

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する