FC2ブログ

独り言 その百七十七

 大きいだけの鈴蘭です。

 相手の顔の見えない、ネットワークゲームでの関係。
 感謝祭で集まった人達を見回してみて、つくづく思いました。
 現実であれば、おそらく接点の無かったであろう人達と、同じものを見て、同じものを感じて、言葉を交わす事が出来る。
 …これが楽しみなんだろう、と。

 ただ、顔が見えないからこそ、同じ場所に立つ事が出来る…とも言えるかも知れません。
 現実には様々な柵があり、それを超えて人と繋がるのは容易ではありません。
 人と人の相性云々を語る以前の問題として、繋がる事の出来ない関係というのもあると思います。

 矮小化しているとはいえ、ゲーム内にも社会があります。
 柵も現実のそれと同じく存在する訳ですが…。
 同じ場所に立つ者同士として、分かり合える、繋がることが出来る可能性は現実のそれに比べて遥かに高いように思います。

 とはいえ…捉え方の問題なのかも知れません。
 顔の見えない事はデメリットも伴う訳で。
 どちらに判断の基準を置くかで、ネットでの人との付き合い方も変わってくるでしょう。

 何れ大事になるのは。
 出会った人の生の在り方が、信じられるか否かに掛かってくると思います。



 ここ暫く続いた個人的なネガティブキャンペーンは終了…といったところでしょうか。
 リアルの事について思い致して、どうしようもなく落ち込んだ…ということで。
 顔が見えないからこそ、随分と周りに心配させてしまったようです。
 わざわざ訪ねて来てくださった方々、お言葉を頂いた方々には、本当に感謝しています。

 …割り切ることは出来ませんが、落ち着きは取り戻せたように思います。
 周りの忙しない雰囲気は常と違いますが。
 鈴蘭は鈴蘭らしく、変わらず在ろうと思います。

 改めて、ごめんなさい。
 そして、ありがとうございました。





■コメントのお返事
>ハスワリさん
 マイペース、マイペースです;
 サポートパートナーの育成は、連れ歩くことで好感度が上がる仕組みのようですが…。
 フレンドパートナーとの差別化が、どの程度図られているのか。
 好感度によってどの程度の変化があるのか。

 はっきりしない事には、現状では連れ歩くような時間的な余裕が持てません…;
 もう少し情報が出揃うまでは、サポパには単独での探索を頑張って貰おうかと思います。
スポンサーサイト



コメント

  • 2013/07/23 (Tue)
    16:52
    No title

    今の所、サポートパートナーの好感度は、
    連れ歩くと「より」好感度が上がりやすいという感じです
    実際の所、お使いだけお願いして一切連れ歩いていない私のサポパさん達も
    緊張から信頼になってます
    好感度による変化は、
    お願いできる探索数が増える(最大で8件、その分探索時間も増えます)
    性格が変更できる(性格をどのように変化させるかの選択肢がでる)
    性格を変更する事で、使用するPAやテクの傾向が変わる(某スレで情報集まり中)
    性格に合わせたメールの件名・内容や会話内容が変わる
    こんな感じらしいです~

    ナイトワイズ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する