FC2ブログ

独り言 その壱千七百四拾参

 大きいだけの鈴蘭です。

 仕事明け。
 常に比べて足取りこそ重いものの…。
 病の苦しみより、疲労や空腹感が勝っている感覚がありました。

 …どうやら、峠を越しつつあるのかな…。

 疲れを感じ、食欲を覚えるということは、体がそれらに向けるだけのリソースを得られた…ということでしょう。
 さて、何を食べたものか…。

 悩み始めたところに、小雨混じりの寒風が一吹き。

 不意に暖かい饂飩が食べたいと思い、帰り道で饂飩を購入。
 帰宅後、鍋に入れて火にかけ、即席スープを加えた上で卵を割り入れ…。
 簡素な鍋焼き饂飩を作り、いつもの席に。

 立ち上る湯気を前に長嘆息。

 …ああ、そういえば。
 こうして食事をするのは4日ぶりくらいになりますか…;
 この数日は、薬を消化するためにゼリーを口にする程度でしたから。

 やれやれ。

 饂飩を手繰り、口に含み…。
 …。
 顎が…動かん…。
 たかだか数日だけのことだというのに、咀嚼する動作を忘れてしまうとは…;



 一息ついた格好ですが、まだ膿が出始めたところで、治りきったわけではなさそう。
 年末年始、僅かばかりのお休みを楽しむ為にも、今は養生しておきましょう。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する