FC2ブログ

独り言 その壱千七百参拾六

 大きいだけの鈴蘭です。

 先日、フレさんとコントローラーについてお話する機会がありました。
 PSO2でのサブパレットの操作を快適にするためか、パッドにミニキーボードを付けて使っているというフレさん。
 そのフレさんが、『このパッドがよさげ』と話していたのが…。

えりーとはここん

 所謂『箱コン』と呼ばれるXbox用コントローラーの上位モデル。
 特徴は、一般的なコントローラーに無い背面にボタン、トリガーが追加されている点です。

 最近のゲームは操作が複雑になり、必要となるボタンの数が、昔のゲームに比べて増えています。
 それに対応するように、右手親指で操作するボタンを4つから6つに増やしたもの、マクロ切り替え用のシフトボタンを持つものなど出てきましたが…。
 肝心の操作性は今ひとつ。
 親指ばかりがアレコレと仕事が増やされて、逆に使い辛いと感じるくらいです。
 その点、背面ボタンは普段遊んでいる薬指などを使えます。
 これは確かによさげ…なのですが。

 ちょっと高いですね;

 コントローラーは消耗品。
 使い潰される運命にある道具です。
 どれだけ操作性が良かろうとも、一般的なプレイヤーがコントローラーに出す金額としては、躊躇いを覚える値段ではないでしょうか。

 いい道具だとは思うのですけどね。

 それでも『でも…』と思うのは、最近、他のゲームでキーボード操作を覚えた鈴蘭としては、PSO2もキーボードで操作してみようかと考え出しており、多機能なパッドの必要性をそこまで感じられない…というのがあるかもしれません。

 ギミックには惹かれてはいるのですよ?
 でも、うん…。
 私にとっては、贅沢品かなぁ…;



 …などと思っていた矢先。




 おー、PSのDUALSHOCKの背面にキーを追加するアタッチメントですか。
 公式にこんなものが出されるとは…。
 良いですね。
 一体型でないのが、尚の事。
 コントローラー本体かアタッチメント、どちらか一方が壊れても、その部分だけ交換すれば済むのですから…財布に優しいと言えます。
 先のコントローラーに魅力を感じつつも、『ちょっと…』と考えてしまっていた私などには、魅力的な商品です。

 ただ一方で、既に何かのアタッチメントを付けている人には悩ましいかもしれません。
 あれもこれもと付けられるものでもないでしょうからね。



 件のフレさんの目には、どう映るでしょうか…。



■今日のニークス


(C)SEGA

 ついにエトワール実装の日を迎えました。




 併せてブースト期間も始まりましたか。
 年末年始はレベリングに勤しむ人も多いでしょうね。

 私も…。

 いえ、私は。
 私のしたいことのために、この機会を利用しましょう。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する