FC2ブログ

独り言 その壱千七百参拾参

 大きいだけの鈴蘭です。



 おー…SEKIROが。
 受賞おめでとうございます。

 このゲームはレベルという要素が無いため、プレイヤー自身がスキルアップに取り組み、問題を解決しなければ先に進めず。
 単純に『レベル差で殴ればいい』というゲームではないのだとか。

 しかし…。

 『死にゲー』などと呼ばれるくらい、難易度が高いと評判ですが。
 実際に遊んだ人に話を聞くと、その難易度をネガティブに捉える声は多くありません。
 バランスが良く、直面した課題を自分の力で解決する楽しみを与えてくれる、良いゲームだ…と。
 そんな好意的な言葉が印象に残っています。



 …良いゲームかぁ。



 The Game AwardsのGame of the Year部門を受賞した作品たち。

 2014年 ドラゴンエイジ:インクイジション  2015年 ウィッチャー3 ワイルドハント  2016年 オーバーウォッチ
 2017年 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
 2018年 ゴッド・オブ・ウォー
 2019年 SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE

 …これらの選定は、業界関係者など専門家が行っていると聞きました。
 得てして、そうした専門家の見るものは、実際に遊ぶ私たちのそれと違っていることも少なくありません。
 世に言う名作が、自分にとっての大事となるのかといえば…そうでもなく。
 取るに足りないとされるもの、ありふれたものに魅力を感じ、大事となることもありますから。



 この週末は、今年最後の褐色集会がありましたが。


 私にとっては、日々、人との間にあるゲームが大事であり、名作。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する