FC2ブログ

独り言 その壱千七百弐拾八

 大きいだけの鈴蘭です。


 8億キロ彼方にある小惑星『リュウグウ』を離れ、『はやぶさ2』が帰路につきました。
 地球を出発して、はや5年。
 1年半に及ぶ『リュウグウ』での調査活動を終え、彼(?)は帰ってきます。

 先代の『はやぶさ』は小惑星の調査中、宇宙空間で長期間休止状態に置かれたメインエンジンが不調を来し、帰路で再点火に失敗したことで、長い間、宇宙を彷徨うことになりました。
 今回の『はやぶさ2』は、その教訓を活かし、改良を施された新型エンジンを搭載したこともあって、再点火に成功。
 順調に帰り道を歩き始めたようです。

 地球の最接近に合わせて帰ってくるので、行きと違って帰りは1年ほどの旅になるとか。
 その道中に映画のような感動などなくても構いません。
 今度こそ、無事に帰ってくることを願っていますよ。



■今日のニークス

 Steamのオータムセールが終了。
 あれこれ考えて、結局私が手にしたのは…。

 The Witcher 3: Wild Hunt
 Spec Ops: The Line
 METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN

 この3タイトル。
 
 メタルギアについては、小島監督の最新作『Death Stranding』が話題になっているのを見て、『そういえば最近の小島監督のゲームに触れていないなぁ…』と思い、買った次第。
 世界観の濃密さ…圧倒的な情報量を期待するシリーズファンには、色々と言いたいことがあるタイトルらしいですが…。
 2000円足らずの値段で私が楽しむ分には、きっと十分過ぎるハズです。

 Spec Ops: The Lineはドバイを舞台にしたシューティングゲーム。
 過酷な現実と向き合うシリアスな内容の、考えさせられるゲームなのだとか。
 難易度自体は然程ではないということで、ゲーム性を求める人には物足りないかもしれませんが…逆に私のようなシューティングゲームの経験の浅い人間にはピッタリかも?

 The Witcher 3は、モンハンでコラボしていたことで興味をひかれたタイトルです。
 評判も良く、シリーズに触れていない人でもストーリーを楽しめると聞いて購入することに。



 …こうしてみると、ホントお話重視ですね…私の判断基準って;



 ともあれ。
 この機会に色々見て回って…。

 アクション、シューティング系統のゲームではGhost Recon、The Division、Fallout、Assassin’s Creed、Watch Dogs、Tomb Raider、Portalなんかが目に留まりました。
 CODE VEINやGOD EATERも良いと思うのですけどね。
 しかし、PSO2でエトワール実装を控え、年始にはアイスボーンが来ることを思えば…似たようなゲームばかりでは、私の頭が混乱しっぱなしになること請け合いです。
 モンハンとPSO2の二つだけでも操作が混乱してますからね;

 あと、シュミレーション系で気になったのはStronghold、Frostpunk、Civilizationとかでしょうか。
 今回は買いませんでしたが、気になるタイトルは幾つかあったのです。
 ただ、この辺りは『電子麻薬』などと揶揄されるほどの中毒性を持つゲーム。
 もうちょっと時間に余裕が出来たときに遊ぶことにしましょう…うん;

 …と、そんなこんなで選んだゲームたち。

 明日からの三連休。
 3D酔いに備えて酔い止めの薬も準備しましたし…。
 遊びますよー。



 ああ、そうそう…あとNieR:Automataは欲しいです。
 前々から買おう買おうと思いつつ、すっかり忘れてしまっていました;
 今回のセールでは対象外だったようでスルーしましたが…定期的にセール対象になっているみたいなので、年末年始のセールで安くなっていたら買おうかな、と思っています。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する