FC2ブログ

独り言 その壱千七百壱拾壱

 大きいだけの鈴蘭です。

 この週末の土曜は11月第二土曜日。
 定例の褐色集会の開催日です。


 今回は世間的にもアークス的にも、大きなイベントが無かったこともあってか…比較的、落ち着いた出足であったように思います。

 個人的には、グラフィックボードを交換してから初となる集会で。
 パソコンの様子が以前とどれだけ違うものか、確認しながらの参加となりました。
 以前のグラフィックボードに比べてファンが大型化し、その数も増えたため、普段の動作音の大きさは比べるべくもありませんが…。
 流石にPSO2の高負荷くらいでどうこうすることはありませんね;
 以前は最高品質で過密ブロックに行くとファンの回転数が上がって音を立てていましたが、今はそれもありません。
 不具合を心配される20系ですが、今のところ問題らしい問題も起きていませんし…。
 一安心といったところです。

 …などと考えつつ。

 皆さんの話し声を遠くに、集会を楽しんだ鈴蘭です。
 発言が少ないので、不在を疑われてたりもしますが…。
 私が敢えて口を挟むことも無い、と。
 その雰囲気を受けてのこと。
 楽しんでいない訳ではないのです。

 この日も、良い夜でしたよ。



■今日のニークス

まさかの…
©2017 SANDLOT ©2017 D3 PUBLISHER

 地球防衛軍は地球防衛に成功しました。
 
 今回はオンラインのハードモードでのクリアとなりましたが…。
 正直、自分は満足に戦っておらず…クリアしたという達成感よりも、『さてこれからどうするか』と自身を省みる気持ちが強かったですね;

 このゲームはハードモードのクリアでより難易度の高いハーデスト、インフェルノが解放されます。
 ゲームとしては折り返し、といったところ。
 『これから』を考えるのも自然なことであろうと思います。

 この前日の内容が酷く、死んでばかりでした。
 これではイカンと最高難易度のクリア動画を見て、自分と何が違うのかを勉強。
 結果、自分が間合いと考えている距離が近すぎたことが原因の一つであろうと考え…。
 この日は出来る限り『引き撃ち』を意識して戦いました。
 …が。
 流石に昨日の今日では身に付かず。
 引くには引いても、敵を捌く攻撃に手間取り…時間を稼ぐことは出来ても、良くてジリ貧という状態でした。
 ランスと盾をメインにしている私にとって、特に対空が鬼門。
 振り返ってみれば、蜂に追い回されて散々だった、という印象が強いです。
 サブに対空装備も持ち込んではみたものの、それに切り替えて撃つ間を掴めず仕舞い。
 対地に専念できるのであれば、それなりに粘れるとは思うのですけどね;

 …ああ、いえ…。

 人型の饂飩ビーム、ショットガンも苦手です。
 ヘイトがこっちに向いている間、遮蔽を利用できる場所に逃げ込むまで私に反撃する手立てがありませんから。
 隙を衝いて、上手く間合いを詰められれば或いは…。
 いえ、きっとこの考えは危険ですね。
 それが私を死地に追い込んでいる元でしょう。

 もっと上手く逃げ、余裕を作るようにしないとです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する