FC2ブログ

独り言 その壱千七百弐

 大きいだけの鈴蘭です。


 実況者さんが配信プラットフォームを変えるというニュース。
 最近のゲームは、こうした有名配信者にゲームをプレイしてもらって世間の注目を集める、インフルエンサー・マーケティングを活用しています。
 この人の配信を見てゲームを始めた…という人も少なくないでしょう。

 インフルエンサー…。

 そういえば、『PSO2ならこの人』みたいな方はいらっしゃるのでしょうか?



■今日のニークス



 HSP(Highly sensitive person)。
 テッド・ゼフの著書「The Highly Sensitive Person's Companion」による定義では「産まれたときから幼少期に渡り説明のつかない体験を繰り返し、HSPではなく生まれた人より五感が鋭く、精密な中枢神経系を持ち、良い刺激にも、悪い刺激にも強く反応する感受性の強い人達」とあるそうで。
 これまでの研究によって、HSPは生まれ持った気質であり、生涯変わることはなく、人口の約15~20%を占め、男女によっての偏りは見られない…という、心理学や精神医学の扱う病ではなく、ごく一般的な存在であるとされています。(wikipedia『HSP』より)

 神経の感度の差によらず。
 同じ物事でも、人によって受け止め方は違います。
 秋晴れの空を見上げて『綺麗』だと感じても、皆が皆、その空の何に美しさを見出しているのかは違うもので。
 その違いに正しさなどありません。
 極端な話…澄み渡った青い空を見て『赤い』と…そこに紅葉の赤を見たとしても、それはその人の感性の問題。
 その人の心の広がりが、世界の何処にまで及ぶのか、という話でしょうから。

 上の漫画の作者さんも〆の部分で『これも個性だと思う』としているように。
 その違いを大事にすべきであり。
 もし何かしらの理由で大事にできない…というのであれば、それは悲しいことと思います。

 私などのような疎い人間にしてみれば…。
 より世界を鮮やかに知り得て、物事に密に寄り添うことの出来る人を羨ましいと感じます。
 …当人にしてみれば、それほど良いとは思えないかも知れませんけどね。
 ただ、頭から嫌うこともないと思うのですよ。
 自分は自分以外のものにはなれないのです。
 人と比べて出来ないことを思い悩んでも、結果が得られるものではありません。
 些細なことでも、自分に出来ることを見付けられれば…。
 それは幸せなことと思います。

 それを幸せと認めるのは、難しいかもしれませんけどね;
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する