FC2ブログ

独り言 その壱千六百九拾九

 大きいだけの鈴蘭です。

 明日の22日は祝日。
 皇居において『即位礼正殿の儀』が行われます。


 一生に何度もお目にかかれるものではありませんし、せめてテレビ中継でも見られたら…と思います。

 …しかし。

 私達は家でお菓子でも摘みながらテレビを観ていれば済む話なので、大した問題ではありませんが。
 実際に行事に参加される方たちは大変ですよね…。
 台風が近づいて来ている今、天気は荒れ模様。
 そんな中で、正装で出掛けなければならないという…。
 苦労が偲ばれます。

 一方、皇族の伝統的な装束についても見直され、高齢の皇族方などには負担が大きいとして、両陛下と秋篠宮ご夫妻を除いては、えんび服やロングドレスも着用できるようになりました。



 …そういえば、こうした宮中行事におけるドレスコードって、いつ、誰が定めたんでしょうか?
 海外の方が、天皇陛下が燕尾服を着ているのを見て『皇族のフォーマルって、着物じゃないの?』と疑問を口にしているのを見かけます。
 和装から洋装への一大転換に関しては、かつて明治天皇が脱亜入欧を掲げる政府方針を汲み、率先して改めた(民衆の間で断髪令に対する反発が根強いと聞き、桂小五郎の勧めもあって自ら範を示す形で髷を落とした、開明的な人だったそうです)のでしょうけど…。
 そうした大改革はともかく。
 こう、形を重視する行事において『今日はこうしましょう』って、簡単に変えられるものなんでしょうかね?
 たとえ気遣いからのものであっても、『儀式』というものの持つイメージからすると、そうした柔軟性は不思議に感じます。

 ただ、まぁ…私の個人的な意見ですが。
 イベントの時くらい、柔軟に『らしく』あっても良いと思うのですよ。
 『伝統だから』という思考にこだわらず。

 堅いばかりでもなく。
 かといって、柔らかいばかりでもなく。
 柔らかいばかりでもなく。
 かといって、堅いばかりでもない。

 西へと吹く風ばかりが良いものでもないでしょうし。
 東へと吹く風ばかりが良いものでもないでしょう。
 変わることが良いこともあれば。
 変えないことが良いこともある。
 古いことは悪いことばかりではなく。
 新しいことは良いことばかりでもない。

 今の伝統だって、最初から伝統であったわけではないのです。
 誰かが始めて、長い時代の中で試行錯誤を重ねて今に伝わっていることを思えば…。
 今の変化を忌避する理由にはならないと思うのですよ。
 守り、伝えるべき大事さえ見誤らなければ。 



 …これは、ちょっと前の記事ですが。


 …うん。
 一周回ってカッコいいじゃないですか。

 時代に逆行している、なんてとんでもない。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する