FC2ブログ

独り言 その壱千六百八拾壱

 大きいだけの鈴蘭です。


 いいですね。
 サッカーで話題となった、選手によるロッカールームの清掃なども行われていると聞きますし…。
 こうした広がりは、素晴らしいことと思います。
 ポーズだけだとか、偽善的だと嫌う人もいますが…。
 やることで意味が生まれるものでしょうから。

 良いことは意識すれば出来ること。
 悪いことは意識せずにしてしまうこと。



■今日のニークス

 昨日の投稿の『背割下水』を見直して感じたのですが…。
 大阪って、一見すると、こう…観光する場所が分かりづらい町なんじゃないかな…と。
 私も長く大阪に住んでいますが、大阪の観光名所と言われてもピンとくるものが無かったり。

 …ただ、そうですね。

 見るものを変えれば、面白いものもあるかもしれません。

 

 大阪は400年前に豊臣秀吉が大阪城を建設し、城下町を整備して現在の形に至るまでに紆余曲折を経ています。
 秀吉が大阪に町を築く以前は、南北に横たわる上町台地が陸地との境界線になる、一面に葦が広がるばかりの巨大な湿原であったそうで…。
 今の大阪の市街地がある一帯は水の底。
 かつては人など住んでいませんでした。
 大阪の地名に水を連想させる文字や『島』が多いのは、この辺りに理由があります。
 (江戸と似た成り立ちですね。)
 上町台地の先端…当時は半島と呼ぶべき地形ですが…は、京都と奈良の中間地点にある海への玄関口にあたり、港町として古代から栄えてきました。
 ただ、この地域の中心地というわけではなく、平安時代から室町時代にかけての中心地は、上町大地より東側…現在の東大阪市の一帯にありました。
 しかし、その中心地は領主である畠山氏の家督相続に起因する内戦…『応仁の乱』により荒廃。
 戦国時代に入ってからは三好氏が治め安定を取り戻し、堺を中心に繁栄するものの…上町台地の北端に拠点を構えた石山本願寺と織田信長の対立によって、ふたたび戦禍に巻き込まれます。
 安土桃山時代になり、信長によって焼き払われた石山本願寺の跡地を利用して作られたのが大阪城で。
 これ以降、この地域の中心は大阪となり、発展していくことになります。

 秀吉は大阪の町を作るに当たり、信長が仏教勢力との抗争に手を焼いたのを教訓として、この対策を徹底しました。
 信長は寺社に対して『僧や神官が政治に関わるな』『独自の武力を持つな』と言い渡し、反発を受けて戦争になりましたが。
 秀吉は信長とは違い、それを実現するのに寺社の社会的影響力を低下させる方策を立てました。
 寺町の造成です。
 建前としては、寺社を囲う石垣によって城下町に住む人々を戦火から守るため…とされましたが、これまで信徒の生活の場の中心にあった寺社を町に移し、信徒と寺社の物理的な距離を遠ざけることで、両者の心理的な繋がりまでをも薄くすることを狙ったのです。

 大阪では、大阪城の南側…現在では天王寺区の下寺町と言われる地区に寺町が作られました。
 上町台地の北端に作られた大阪城は、北と東西の三方が淀川と堀で守られていましたが、台地の続く南側は守りが薄く…台地の崖と空堀があるばかり。
 これを補うようにして、ここに寺町が作られたのです。

 大坂冬の陣でのこと。
 真田幸村は寺町の石垣と上町台地の断崖を利用して、一計を案じました。
 大阪城に続く寺町の道。
 徳川勢が大阪城を目指して進むそれは、寺の石垣で左右を塞がれ、隊列は前後に細長く伸びるしかありません。
 そこを、野戦では扱い難い重火器をもって滅多打ちにする。
 徳川勢が戦えるのは先頭部隊の一点だけなのに対し、真田勢は上町台地の上に築いた砦から、幅と高さを持った面で戦うのです。
 徳川勢にしてみれば堪ったものではありません。
 銃弾が雨のように降ってくると分かっている場所以外、進むべき道が無いのですから。
 当然のように、徳川の兵士たちの足どりは重くなります。

 これが真田幸村の狙いであったのでしょう。
 少数の敵の犠牲によって後続部隊の戦意を挫けば、他の敵兵と戦うことなく戦況を有利に進めることも出来るはず…と。

 真田幸村が率いる部隊はごく僅か。
 平野に左右に広く展開した徳川の大軍を相手にするには数が足りません。
 その不利を、地形を利用して覆そうとしたのです…。



 …長くなりました。



 大阪は何もない所に人が手を加えて生まれ。
 人の手により、破壊と再生を繰り返してきました。
 その変遷の痕跡の多くは、人の営みの中に埋もれ、殆ど形を残していませんが…。


 土地の形に面影はあるもので。
 目線を転じれば、見えてくるものもあるかもしれません。



 見て面白いものかどうかは…見る人次第、でしょうけどね。
 まぁ…。
 それは、これに限ったことではありませんが;

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する