FC2ブログ

独り言 その壱千六百七拾八

 大きいだけの鈴蘭です。

 ここ数日で、すっかり秋めいて来ました。
 台風の影響か、夏の名残ともいうべき暑さはあるものの。
 夜空を見上げれば、秋を感じさせる月が浮かんでいます。

 『月が綺麗ですね』は、『I love you.』を『我、君を愛す』と和訳した学生に、『日本人はそんな事を言わない』と窘めた夏目漱石が示した言葉でしたっけ。
 海外サイトで、日本人の国民性を表すエピソードとして紹介されているのを見かけましたが…。



 他意は無く…月が綺麗ですね。 



 そう言えば、夜空を見上げて思い出しましたが。
 この空に、珍しいお客が来ているとか。


 彗星は、大きな天体の引力に引かれて動き出し、恒星に近づくことで熱に炙られ、融けた表面からガスを噴出して加速。
 恒星から離れて冷えれば、ガスの噴出が止まり減速…という動きを繰り返し、大抵は動きの始まりとなった何処かの星の周りを回るような、円軌道を描いています。

 ところが、『ボリゾフ彗星(C/2019 Q4)』と名付けられた、このお客は…。
 ほぼ一直線に地球の近傍を通過する軌道を取っており、宇宙の果てから果てへと横断するかのような旅をしています。

 遠くの銀河から飛び出して、遥か彼方を目指さんとする星…ですか。
 宇宙から見れば、小さな星屑でしかないのかもしれませんが…。
 なんとスケールの大きい星であることか。

 聞けば、地球の周回軌道との向きが良く、向こう一年ほど観測できるチャンスがあるのだそうです。
 最接近は今年の12月29日。
 私の目にも見える機会があれば良いのですけどね…;



※昨日の投稿分が、何故か下書き状態で保存されており、読めない状態になっていました。
 申し訳ありません;
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する