FC2ブログ

独り言 その壱千六百七拾七

 大きいだけの鈴蘭です。

ろっくべあ…(´・ω・`)?

 Twitterのトレンドに『ロックベア』が。
 何事かと思えば…そうでした、試しうちモード(?)が実装になったんでしたね。
 『倒せない』という触れ込みだったそうですが、実際にはHPが4億に設定されていたということで、殴り続ければ倒せないことはないとか。

 …ふむ。

 今更なことかもしれませんが…これって、格闘ゲームの練習モードみたいに敵の強さの設定とか出来たほうが良かった、と思うのは私だけでしょうかね?;
 自由度を高くするには難しかったんでしょうか…。



■今日のニークス

 昨日のヘビィボウガンの装備についてアドバイスを頂き…。
 改めて見直しをば。

 聞けば『渾身』はライトボウガンや太刀に有意なスキルだそうで、ヘビィボウガン向けではないのだとか。
 昨日の構成は『シールド×3、ガード性能Lv.5でガード時のスキとスタミナ消費を抑え、渾身の効果を乗せて反撃』というのが私の狙いでした。
 しかし、実際に使ってみると…ミリ分減ったスタミナを回復するための猶予が必要で、このために思ったほど手数が増える訳でも、火力が増える訳でもありませんで…。
 『ヘビィボウガンが考えるべきはHIT数を稼ぐ位置取り。動き回る相手に定点で撃ち続けられる訳でもないのだから、射撃位置に素早く移動できる機動性を重視すべき』
 『プレイスキルに関わることなので必須という訳ではないが、機動性を確保すれば結果として渾身などを入れるより火力は伸びる』
 …ということで、渾身を回避距離アップに換装。

 また、シールド×3については『受けるべき攻撃と受けるべきでない攻撃の選別、対処の理解が足りない』とのこと。
 例えば、突進などの大技をスキ無くいなすのにシールド×3は有効ですが、それをいなしたところで、反撃するにも其処から何処が狙えるのか、と。
 適切な部位を狙えないのであれば、大技をスキ無くいなすべき理由は無い訳ですね。
 …ということで、シールド×2に換装。

飛びます(´・ω・`)
©CAPCOM CO., LTD. 2018, 2019 ALL RIGHTS RESERVED.

 …で、こんな感じに。
 貫通の方も似た構成ですが、装飾品に貫通強化を1枠使う都合上、回避距離を最大にするには体力をLv.2に妥協せねばならず…。
 ここは考えどころ。
 回避距離Lv.2に妥協すべきなのでしょうかね、これは。

 んー…。

 回避距離は大事ですが、それに拘り過ぎるのも違うでしょうね。
 他に選択できるほど珠の持ち合わせがあるわけではありませんが…。
 何か良いものがないか、考えてみます。



 まぁ、とりあえず。
 残すは苦手とするテオ・ナナ夫婦の同時討伐のみ。
 ひとつ、この構成で頑張りますかな;



■コメントのお返事
 …また後ほど。
>名無し為し梨さん
 コメントありがとうございます。

 シールド強化のヘビィボウガンは安定感、安心感がありますよね;
 死なないことが大事…というのは、まさにです。

 ただ、私の場合…元のプレイスキルが低いこともあり。
 シールドの影から敵の動作を確認したら、怖くともシールドに頼り過ぎない戦い方を身に着けねば…きっと先が望めません。
 死なないことも大事ですが…。
 より積極的に、マルチで人の役に立てるよう頑張るのも大事でしょうからね;
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する