FC2ブログ

独り言 その壱千六百四拾

 大きいだけの鈴蘭です。




 昨日の九州北部は、大荒れの天気だったそうですね。
 佐賀や長崎では、数十年に一度あるか無いかという記録的な豪雨になったとか。
 福岡もかなり降ったようで…特に雷が酷く、近所への落雷でルーターがスパークしたとか言ってたフレさんもいました。
 …災難なことですが、火事にならなかったのは不幸中の幸いです。
 回線を引き直す手間を思えば、頭の痛いことと思いますが…気を落とさず、頑張ってください;

 …そういえば。

 こうした不幸が起こったとき、中国語では『祝福』という言葉を使うことがあるとか。
 『祝』という文字には『祈り』『願い』という意味があり。
 『福』…『幸運』『幸福』に係ることで、『今後の幸運を願う』という労りの言葉になるのだそうです。
 日本にもある言葉なのに、意味合いが違うとは…。
 面白いものです。



 嵐は峠を越したようですが、河川の氾濫も心配。
 九州北部にお住まいの皆さんに大事ないと良いのですが…。
 くれぐれもお気を付けて。

 祝福を、ですよ。



■今日のニークス

本と緑(´・ω・`)
 ©CAPCOM CO., LTD. 2018 ALL RIGHTS RESERVED.

 こういうの憧れますね。
 本があって、緑があって…。
 実に良い感じです。

 この写真だけでは分かりづらいですが、屋外であるのが凄いところです。
 流石はファンタジーの世界。
 こんな吹きっ晒しの場所に本を置くのは言語道断、問答無用。
 現実にこんなことをすれば、本が傷んで仕方ありませんからね。

 不思議な力を駆使する幻獣が闊歩する世界のこと。
 それらの力を利用した保存法でも用いているのでしょうか。
 後学の為にも、出来ればちょっと拝見してみたいものです。



 …いやはや、しかし…。



町の中(´・ω・`)
 ©CAPCOM CO., LTD. 2018 ALL RIGHTS RESERVED.

 こうして見回してみると、街の雰囲気が良いですね。
 一人一人が、それぞれの生を営んでいる様子が伺えます。

 獣の革で刃物を研ぐ人。
 木を削って何かを作っている人。
 赤く燃える鉄に鎚を打ちつける鍛冶職人。
 熱心に本を読む学者。
 荷物を運ぶ人。
 並んだ品物を前に悩み続ける人。
 食事をする人。
 料理を作る猫…。

 PSO2のショップエリアにも、こうした演出があればいいのですが…。
 ほら、容量の都合もあって…アークスって、みんな棒立ちでしょう?
 アンリのように歩き回る人もいますが、歩き回るために歩き回っているだけで…何故そこにいるのか分からない人が少なくありません。
 ゲームなのだから、機能を提供する上で必要のないものは削る、というのも分かるのですけどね。

 個人的には、こうした無駄をこそ好もしく思います。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する