FC2ブログ

独り言 その壱千六百参拾八

 大きいだけの鈴蘭です。




 ありゃ…;
 これはまた…被害に遭われた方々の御冥福をお祈りします;

 この事件。
 情報が錯綜している上、当の犯人の身柄は確保されたものの、意識不明の状態。
 状況が全くと言って良いほど分かっていません。
 今のところ、信用できるのは消防の発表くらいです。

 …むぅ;;

 制作所に詰めていた半数の方が亡くなるとか…。
 聞けば来年公開予定の劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデンの制作も行っていた所だそうで。
 TwitterなどのSNS上では、世界中から追悼や激励のコメントが寄せられていると聞きます。
 ファンにとっては、今後の影響が心配でしょうね。

 しかし…なんだかなぁ…。

 どのような背景があったのかは分かりませんが。
 このような形でなければ解決できないことだったのでしょうかね。
 当人なりの理由があったにせよ、これはあまりにも…。



 『どうにもならないこと』…か。
 そんなことに心当たりがないでもありません。
 ままならないことの一つや二つ、誰しも持っているものでしょう。
 振り返って、自分はと言えば…。
 そうですね。



 以前に、私の緑内障の話をしましたが…。
 緑内障には根本的な治療法がありません。
 欠損した網膜を再生するには、iPS細胞を使った再生医療に可能性があるかも…というのが現状です。
 自分がこの目と、どのように付き合っていくのか。
 それが大事となります。
 治らないからと気に病んだところで、何にもならないのですよね。

 日常生活においては『なんとなく右側が見えにくい…?』という程度のもので、自覚するほどのものはありません。
 ただ…例えば街中で通りを歩いていると、普段通りの目線では自分の右手側を通り過ぎる人の顔がほとんど見えなかったりします。
 勝手知ったる場所でのことであれば、大した問題にはなりませんが。
 初めての場所、動きのある場所では些か不便や不安を感じます。

 そんなとき。

 私は思うのですよ。
 『ああ、いけない、また俯いていたんだ』と。
 この目に気付かされたのだ、と。
 視界が狭まり、世界が閉じようとしているのではありません。
 私が俯き、世界から離れようとしているのです。



 物は考えよう。
 良いことも悪いことも、気の持ち方ひとつでどうとでも変わる。
 沈み込む前に、自棄になる前にひと呼吸すれば、もしかしたら。
 …というのは甘い考え方でしょうか?



■今日のニークス

 グラフィックボードの購入ですが…。
 流石にSUPERの登場は予想外でした。
 梅雨が明けようとしているのに、迷い迷って未だ購入に至らず。

 夏までに…と言っていたのですけどね;

 まぁ、此処まで待ったのです。
 もう少し待って、贔屓にしているMSIが月末に出すという、カスタマイズモデルを買おうかと考えています。
 MSIはグラフィックボードの冷却構造、クロックアップのバランス調整に定評があるメーカー。
 最近では、GIGA BYTEのAORUSシリーズがAMDの躍進に支えられて人気を集めつつあるようですが…。
 私の中ではMSIが一番。

 『GeForce RTX 2070 SUPER GAMING X TRIO』

 …これを買いましょうかな…。



 PSO2には贅沢すぎるグラフィックボードですが;
 何事もなければ、これで。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する