FC2ブログ

独り言 その壱千六百参拾

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日は七夕。

 日本では奈良時代に中国から伝わり、宮中行事として根付いたとされています。
 当時は中国の風習そのままに、女性の針仕事の上達を願って五色の糸を笹に飾っていたそうですが…。
 江戸時代に『芸事にご利益がある』と拡大解釈されて、民衆の間に拡散。
 その頃に五色の糸を笹に吊るしていたものが、願いを書く短冊に変わったようです。
 今では単純に願い事を短冊に書くことも少なくありませんが…本来、七夕のご利益があるのは芸事の上達に関してだそうですね。

 …芸事…芸事かぁ。

 はて、私に上達を願うべき芸などあったかなぁ…と。
 空を仰ぎ見て考え込んだ鈴蘭です。



 …そう言えば。
 高い夜空を見て気付きました。
 七夕というと、雨の特異日…催涙雨で知られますが…。
 今日は晴れたんですね。



 彦星と織姫の逸話で知られる七夕。
 天の川を挟んで輝くアルタイル(彦星)とベガ(織姫)については、世界各地に伝承が残っています。
 日本の七夕も、元を辿ればギリシャ神話にまで行き着くとかなんとか。
 中国やベトナムなどの東アジアの国では七夕の催しがあるようですが、笹に願いを書いた短冊を吊るすのは日本固有のもので、他の国では見られないのだそうです。
 こうしたところにも、お国柄というものが表れるのですね。



 七夕…か。



 現実と比べて、何かと言われる仮想の世界ですが。

pso20190707_120751_001.jpg
(C)SEGA

 こうして過ごす七夕もいいものですよ?



■今日のニークス

 PCに親しむ人達にとって、今日は一大イベントの日であったでしょうか。



 7月7日午後7時。
 待望のAMDの新CPU、Zen2シリーズの発売です。



 IntelのCPUに比べて価格が安く高性能という前評判から、自作をするPCユーザーの間での注目度は高かったと思います。
 こうして発売を迎え、上記のレビューにあるように事前に期待されていた以上の性能を示したことで、今後の売り上げに弾みがつくかもしれません。

 その一方で…。

 新CPUの発売に合わせ、新型のマザーボードやグラフィックボードも発売されましたが。
 これらの注目度は、CPUに比べると若干低い…ようにも。

 Zen2は既存のマザーボードと互換性があり、既に第二世代のRyzenを使用しているユーザーであれば、乗り換えが必須という訳でもありません。
 新型マザーボードはPCI Express4.0x4を搭載しており、既存のものに比べて性能が向上しているのは確かです。
 しかし、次世代規格への過渡期にあるモデルという事で購入を迷い、様子見している人が多い印象があります。

 他方、グラフィックボードに関しては、はっきりとスルーすると決めている人が多いようです。
 RadeonのRX 5700処理能力はスコア上、NVIDIAのGeforce RTX2070に並ぶものがありますが…。
 ハードウェア的にレイトレーシングに対応しておらず、将来性という点では疑問符が付き…次世代を見据えて購入を検討している人にしてみれば、割高感が否めません。
 急ぎでないのなら、次のモデルが出るまで待つのもいいかもしれませんね。



 …私の2070購入…どうしようかなぁ…。



 確か、2060と2070のSUPERが5日、2080のSUPERが23日に発売されるのでしたっけ。
 現段階では、無印とSUPERは同価格で提供する…という話でしたが、実際に店頭での価格がどうなるのかは分かりません。
 秋葉原のドスパラでは、当日まで販売価格は公表しないとしています。
 果たして幾らになるのやら。

 こういうのは欲しい時が買い時、なのですけど…。
 踏ん切りがつきませんね;

 まぁ、急ぎという訳でもありませんし…。
 SUPERの登場で価格がどうなるのかを見てから、何を買うか選ぶことにしましょうか。
 廉価版に成り下がった無印の価格が下がり、コストパフォーマンスが高くなる可能性は十分にあり得ますしね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する