FC2ブログ

独り言 その壱千六百弐拾九

 大きいだけの鈴蘭です。



 最近、雨続きの毎日。

 特に九州での雨は酷いことになっていると聞きます。
 なんでも、数万人規模の避難指示が出るほどだとか。
 直前までダムの貯水率が低下し続け、夏の雨不足を心配していたくらいだったというのに…極端なことですね;
 梅雨というより、熱帯の雨季のような降り方です。
 近年のこの時期の変わりようは、私のような自然の変化に無頓着な人間にも違和感を抱かせます。

 やっぱり、地球の環境が変わりつつあるんでしょうかねぇ…。

 …まぁ。

 個人的には、それも大したことではないと思うのですよ。
 人間も自然の一部。
 どれだけ科学を発達させようとも、それは変わりません。
 恐竜のように人間が自然に淘汰されるというなら。
 それも自然の成り行き。
 人間だけが特別という訳でもないでしょう。



 ただ…。


 

 人の作ったもの。
 それが受け継がれる形までもが失われるのは…。
 悲しくもあり、寂しくもあり。
 …そんな鈴蘭です。



■今日のニークス



 あらー…。

 先日、AMDがRadeon RX5700…いわゆる『Naviシリーズ』を発表しました。
 競合するNVIDIAのGeForceの既存モデルに比べ、導入時のコストパフォーマンスに優れることがセールスポイントの1つになっていたのですが…。
 NVIDIAは、今回のSUPERでそれをひっくり返そうということですかね。
 …しかし、上位モデルを下位モデルと同じ価格で発売とは…。

 アズールレーンでお話する方達の中には、FPSなどのPCゲームを好んでいる方もおられ。
 そういった方達の中には、20番台のグラフィックボードに乗り換えてる人が結構いたと記憶しています。
 確か、1ヵ月くらい前に買い替えた人もいたような…?;
 『返金してくれ』『失敗した』なんて声もチラホラ聞こえてきます。

 …ホント、この手のモノの買い時を見定めるのは難しいですね;



 しかし…。



 CPUの構造上の脆弱性が露呈して以降のIntel勢には、なんというか…余裕がないようにも感じられます。
 AMDの追い上げに焦りを感るのも分かりますが、こう…やることなすこと裏目裏目に出てしまっているような…?



 最近、日本の対韓輸出規制のニュースが騒がしく伝えられていますが。
 アレの対象品目の一つである半導体の基板に塗る感光剤のレジストが、確か記事の中にある7nmプロセスのメモリの製造用の素材であったはずなのですよね。
 NVIDIAが発表した2020年の量産を目指すというスケジュール、輸出規制のリスクを加味して立てられているのでしょうか…?;
 単なる貿易摩擦の事であれば、素材の単価に関税を上乗せするなりして解決することもできるでしょう。
 しかし、今回の件は安保問題による輸出規制ですからね…。
 日本以外の国から素材を輸入するのも難しいでしょうし、韓国内で生産する体制を整えるには時間が足りません。

 …いや、そもそも。

 確か、対韓輸出規制の発表があってすぐ、Samsungの関係者が『日本の規制による生産への影響はない』と言っていたはずなのですよ。
 『現在のSamsungに7nmプロセスのメモリを生産するラインがないから』というのがその理由でした。
 今からラインを構築するとして…どこから機材を調達するのか、という。
 問題が山積みの開発計画です。
 またIntel勢がやらかしてるんじゃないでしょうかね…?;

 まぁ、私などより余程モノが見える方たちが考えた計画でしょうし…。
 こんなものは杞憂でしかないのかもしれませんが;
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する