FC2ブログ

独り言 その壱千六百壱拾参

 大きいだけの鈴蘭です。

 昨日のPSO2の海外展開のお話ですが…。
 フレさんがTwitter上で『今後、運営が世界展開する上での経験値稼ぎが目的なのでは?』という話をされていて、なるほどと思いました。

 サービスを10年続けるとしているPSO2は、今年の7月にはサービスインから満7年を迎えます。
 残り3年。
 既に折り返し地点を過ぎたゲームで、なぜ今更…という疑問は確かにありました。
 何をするにも、今からでは遅きにすぎるのではないかと思ったのです。

 しかし、こうした考えは私が『PSO2』を基準にしているからこそのこと。
 後継作となるPSO3の存在についても噂される時期です。
 運営は『次』を考えて…PSO3の為に、海外展開を計画したのではないのか…と。



 飽きっぽい私が、なんだかんだで7年続けたゲームです。
 こうしてブログを続けてこられたのも、PSO2で得たものがあればこそ。
 愛着の無いはずがありません。
 確たる話ではありませんが、そこに『先』を見たようで。
 それを嬉しく思った鈴蘭です。



■今日のニークス

 フレさんから『昔は支援職が楽しいとしていたのに』と、GuやHrであることが多い最近の私について、心配されました。
 以前にも似たような話をされましたが…。
 今回のエキスパ条件の達成の為にHrで臨んでいたことが、私が『楽しくもないことを強制されている』ように見えたのかもしれません。
 …いやいや。
 私は、嫌なことを続けられるほど真面目じゃありませんけどね;
 HrはHrで楽しんで遊んでいますよ?



 …ただ、そうですね。
 少し…正直なところを独り言。



 私が支援職から離れ、他の職を頼みとするようになったのは、結構前の事です。

 アクションが苦手な私でも、支援職であれば貢献できるのではないか。
 そう考えていた時期もありましたが。
 ほどなく、そんな考えでは務まらないものだという事を知りました。

 今でこそパーティーメンバー限定とはいえ、距離に関係なく支援が出来るようになったTeですが…。
 かつては誰が何処にいるのかを常に把握し、どのタイミングで支援するかを考え抜かねば、せっかくの支援効果を途切れさせてしまうことがままありました。
 自身のHPの管理をしっかりしている人にとっては、私のような不安定な支援では自身の計算を狂わせる不確定要素でしかなく、何の助けにもならないのですね。
 助けにならないどころか、逆に迷惑になるとあっては使うわけにはいきません。
 かと言って、実戦で使わないことには上達しようがありません。
 なので練習を…と言って私の都合に付き合わせては、ご一緒して下さる皆さんに悪いでしょう。
 此処は、皆さんが自身の遊びの為に来ている場であって、私の世話の為に来ている場ではないのですから。

 そんな場所にあって、死んで皆さんの手を煩わせることが一番の迷惑です。
 そんな場所にあって、私の選択で皆さんの行動を阻むことが次に迷惑です。

 そうした迷惑を掛けずに済むには、どうするのが良いのか。
 そればかりを考え…。 
 いつしか、私はTeから距離を置くようになりました。



 …それから随分と時間が経ち、その中での紆余曲折があり。
 今の私はHrをやっています。
 これは、別にTeであることを嫌ってのことではありません。
 求められれば、喜んでTeにもなりましょう。

 …ですが。

 そんなことでやってしまってもいいもの…なのでしょうか?
 此処にいてもいいものなのか。
 それすらも曖昧な私にとって、その選択に意味があるのか…判断がつかないのです。



 そんな私のHrだから、心配させてしまうのでしょうね…;
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する