FC2ブログ

独り言 その壱千五百九拾壱

 大きいだけの鈴蘭です。



 去年、私がPS4を購入するに当たって、『これを遊んでみたい』と考えていたタイトルの一つに、この『コードヴェイン』がありました。
 当初は去年の秋口に発売予定とされていたと思いますが、突如として発売が無期延期に。
 その後の知らせもないままであったこともあり、いつしか私の頭の中からすっかり抜け落ちてしまっていました。

 …そんな中。

 今日の午前10時からネットワークテストの為に5万人のテスターの募集を始めたと知り、慌てて応募した鈴蘭です。
 今回はPS4とXboxでのテストなんですね。
 確かSteam版も発売を予定していたと思いますが…。
 って、そういえば。
 パソコンが新しくなったことですし、Steamなどの導入を考えても良かったですね…すっかり忘れていました;

 このテスト…当選したら、当選したとして。
 それとは別に、グラフィックボードの更新が出来たなら、Steamの導入を検討してみますかな…。



■今日のニークス



 あらら…。

 どうやらゲームの内容が当局に咎められ、サービスの維持が出来なくなったようです。
 記事を見るに、『中国当局は規制の目的について、オンラインゲームの新規タイトル数を管理し、未成年者のゲーム時間を制限したいと説明。子どもや若者の近視を減らす取り組みの一環としている。』とあります。

 …まぁ、お題目…ですよね。

 今後は、類似の中国の国産ゲームが代替サービスとしてユーザーに提供されることになるようですが…。
 『アナリストによると、PUBGの中国人ユーザーは大半が「ゲームフォーピース」に移行する見通し。このゲームはPUBGに似ているが、暴力性は抑えられている。人民解放軍空軍を称揚する内容で、対テロ軍事訓練の現場が舞台になっているという。』
 こっちが本題でしょう。
 共産主義国家である以上、国是と異なる価値観は容認しえない…ということなのでしょうが。
 こうした姿勢が、今まさに引き起こされようとしている米中の貿易戦争の原因の一つであると思うのですけどね;
 確か、今日…10日中に米中で妥結しなければ、アメリカの対中制裁関税25%が発動するんでしたっけ。

 この分では、制裁関税を回避するのは難しそうですね。
 …いやはや。
 令和の時代は波乱の時代となるのでしょうかねぇ…;



 中国四千年。
 その長い歴史の中、多くの国の興亡を通して治世のなんたるかは学べると思うのですが…。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する