FC2ブログ

独り言 その壱千五百八拾八

 大きいだけの鈴蘭です。

 いやはや、参りました;
 この週末は折角の3連休だったのですが、日頃の疲れの為か…ちょっとした寝違えから神経をいわせたらしく、右腕が痺れと痛みで使い物にならなくなってしまうという…。
 横に臥せるか、椅子に深く腰掛け背もたれに寄りかかることで痛みは感じずに済むのですが…。
 それだとパソコンのキーボードとマウスに触れませんで;
 かと言っていつものようにすると…特に右手で持つマウスが厳しいのです。
 脇を締めた状態ならまだしも、脇を開くと手首から肘、肩、肩甲骨、背骨…と痛みが走り、机に手を置くこと自体が苦痛です。
 こんな有様では、とてもマウスなど扱えません。
 普段からPSO2はパッドで遊んでいる為、クエストに行く分にはどうとでもなるのですが…。
 しかし、痛みを避ける為に不自由な姿勢をとり続けねばならない中でのこと。
 楽しむのに十分とは言えませんでした。

 最も症状が酷かった、こどもの日の晩。
 いつものように起き出し、パソコンを立ち上げたものの…。
 手を伸ばせば届く所にあるものに手を伸ばす気になれず、ただ動画を流してボンヤリ。
 しかし、身体を起こしていると痛みから腕がぶら下がっていること自体が煩わしく感じられ…。
 すっかり気が滅入ってしまった私は、パソコンの電源を落とし、スマホとタブレットを持って寝床に逆戻り。
 タブレットを脇に置き、寝転がったまま動画を流し見しつつ、手元のスマホでアズールレーンを遊んで過ごす…という、怠惰極まる休日を送りました。

 …そのおかげで、アズールレーンのエンドコンテンツの消化は進んだのですけどね。





 …正直、ここまでのペースで進めるつもりはなかったのですが…手持ち無沙汰で、つい;

 仕事に行く今日になって、酷い頭痛と腹痛で3日間、ほとんど飲まず食わずでいた事に気が付いたくらい、寝っぱなしの休みでした。
 普段は、そうそう痛いの苦しいのは感じない…耐性の強い身体のですが、何かの拍子に溢れ出ると、何もかもが一気に襲い掛かってくるようで、どうにもいけません。

 しかし、仕事を前に幸いというべきか…経験則的に峠は越えたとは思います。
 仕事に向かう中、こうして文を捻っていますが。
 スマホを持つ右手の感覚はいつもと違うものの、痛み自体は昨日と比べると随分とマシになりました。
 この分なら、もう2、3日もすれば元に戻ることでしょう。

 …だからと言って、ここで無理をするわけにはいきませんが;

 たかが寝違え…と言っても、それは肉離れや、神経線維の損傷を伴いかねないものなのです。
 軽んじていては大事にもなりかねませんから。
 寝違えの痛みをとろうとストレッチをして、障害に繋がる怪我をした人もいるそうですしね;

 生兵法や付け焼刃で余計なことはせず、しばらくは大人しくしていましょう…。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する