FC2ブログ

独り言 その壱千五百八拾

 大きいだけの鈴蘭です。



 今日は感謝祭の日でしたか。
 写真で見るに、なかなかに盛況だったようですね。
 何よりの事と思います。
 行かれた方のお話も耳にしていますが…皆さんにとって、いい思い出になったでしょうか?

 かくいう私は、現実において開かれるイベントについて、特に強い思い入れはありません。
 感謝祭の雰囲気を通じて仮想の広さを知った私としては、ああしたイベントがあること自体を否定するものではありませんが…。
 仮想であれば何処であろうと繋がる事ができても、現実の事となればそうもいかず。
 どうしたところで、現実の都合で『行きたいけど行けない人』が出てきてしまいます。

 それを思うと、仮想にも同様のイベントを開けないものなのかなぁ…と。
 より多くの人に…というのなら、真実、分け隔てのない理想の形をどこまでも追及してほしい…と。

 そんなことを思う鈴蘭です。



 …いえ、『ゲーム屋が本業以外に力を入れるのはどうなのだ』という、そもそも論は承知した上でのことなのですけどね;



■今日のニークス

 …問題発生です。

空冷さいきょう(´・ω・`)

 先日、目星をつけた『Noctua』製のCPUクーラー。
 あれから調べてみると、これが最善の選択という訳ではないようで。
 このメーカーのファンを、こちらの…

これこそ最強(´・ω・`)

 フランスのメーカー『Thermalright』製のCPUクーラーに取り付けることで、理想的な空冷環境を構築できるのだとか。
 レビューを見る限り、この組み合わせは簡易水冷そこのけの性能を発揮できるようです。
 水冷並みの冷却性能で、水冷のような液漏れトラブルを心配する必要がない。
 信頼性と性能が両立した素晴らしい環境です。



 …これ、いいなぁ…。



 思わず手が伸びそうになった鈴蘭ですが…。
 ただ、ここで一つ問題が。
 このクーラー、ヒートシンクが大き過ぎるのです。

 私が使っているPCケースは、先代PCから流用したもので…飾り気のない外観が気に入って、新しい環境を構築した今も使い続けています。
 しかし、古い環境での使用を前提とした設計のためでしょうか。
 虎徹や忍者程度であれば問題ないのですが、これら大型ヒートシンクを採用したモデルを組み込むとなると、内部構造と干渉しかねず…というか、間違いなく干渉してしまうのです。



 古いケースの為に、冷却システムを妥協するか。
 新しい冷却システムの為に、古いケースを諦めるか。



 …悩ましくはありますが…。
 手足が伸びてしまえば揺り篭には戻れません。
 いつも其処にあった姿が変わってしまうのは寂しくもあります。
 しかし、なるべくしてなる。
 いえ、ならねばならない…というものなのでしょうかね、これも。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する