FC2ブログ

独り言 その壱千五百八拾

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日は二十日締めの処理に対応するため、出勤しています。

 …って。

 そっか、もう4月も20日を過ぎましたか…。
 ファントム実装も目前ですね。
 今回の新職実装に合わせた準備…皆さんは進んでおいででしょうか?

 周りを見ると、色々な装備を揃えているのを見かけ、私も『何かしなきゃ』と思わされるのですが…。
 一方で、具体的に何をすればいいのかを決めかね、実は今に至るまでファントム用の何かを準備していない鈴蘭です。

 今は武器のカテゴリ変更や特殊能力の継承など、昔に比べて融通が利くようになったとは言え、どちらもタダという訳ではありません。
 何度も試行錯誤を繰り返すのも楽しみのうちですが、それを許すほどの大きな懐を持ち合わせていない鈴蘭のこと。
 節約できるところは節約したいのです;



 …取り敢えず。



 2本目のアトラ・イクスをアサルトライフルにしようかな…などと漠然と考え。
 ファントムを意識して、その分の素材を確保。
 特殊能力は…。
 昔の装備を手に、レベリングがてら新職に触れて、その中で良さそうなものを選べばいいかな…と。
 そんな風に呑気に構え…。
 
pso20190414_085846_006.jpg
(C)SEGA

 春の長閑な毎日。
 桜の下で、ゆるゆるしております。



■今日のニークス

100発は撃ったんですけどね(´・ω・`)

 …全く戦力になっとりませんな…。

 この戦いの前後を振り返り、また一つ、自分の問題…であろうという動きを自覚しました。
 いえ、自覚した…というか、疑いを持ったというべきでしょうか?

 遮蔽を挟んで敵と対峙したとき。
 銃を構え、遮蔽から身を乗り出して射撃。
 敵が遮蔽の奥に隠れ、どうにも射線が通らないのを見て…。
 私は、敵の姿を求めて射線が通る位置…自身の身を守る遮蔽から遠い場所へと歩を進めます。
 撃ち合いで優位に立っている状況であれば、特に不自然ではない動きなのでしょう。
 …しかし、実際どうなのでしょうね。
 私のそれは、本当に優位に立っていると言えるのでしょうか?

 根本の問題として、私の射撃の精度の悪さがありますが…。
 それに加えて、私の『間の悪さ』があるように思えたのですね。

 遮蔽から出て、敵に射撃を浴びせかけ。
 身を隠すことのできない場所にきたところで弾切れ。
 弾倉を交換して…。
 そのタイミングで、遮蔽に隠れていた敵の逆襲を受けて倒される。

 …このパターンが本当に多いです。
 撃ち続けられなくなったときにどうするのかが、頭にありません。
 というか、そもそもの戦法の組み立てがなっていないのです。
 中途半端な位置で弾切れになっているのは、詰めるか、牽制するかの判断もないままに撃っているから。
 この場合であれば、手持ちの武器は距離を詰めるために使うものと割り切って、撃ち切るまで撃って、距離を詰めたところで武器を持ち替えて接近戦を挑む…というのがセオリーなのでしょう。
 しかし、私の頭は『射撃を当てる』ということばかりで、持っている武器をどう使って敵を倒すかまで考えが至っていません。

 これではいけませんね…。

 道具を道具として使えるようになることは大事ですが。
 道具を使って何をするのか…その目的を意識するようにしなければ。 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する