FC2ブログ

独り言 その壱千五百七拾六

 大きいだけの鈴蘭です。

 今週は4月第2週。
 週末には、恒例の褐色集会が開催されました。



 思えば、この回で平成最後となるのですね。
 言われるまで気が付きませんでした。
 こうして時代を跨ぐことになろうとは、何か感慨深いものが…。

 …ああ、いや。

 節目として『時代』があると言っても、その『時代』が時代を作るわけでもありません。
 『時代』を象徴する言葉の力が人の気持ちに働きかけることもあるでしょう。
 しかし結局、人が為すこと、成したことで時代が作られるのですし…。
 いつであれ、なんであれ。
 全ては、その時代に生きる人が変わろうと望み、行動するかどうか…です。



 集会は51回を数えましたが…。
 時代が変わっても、この時間こそが変わらず時代として在り続けることに、私たちの大事もあろうかな…と。
 そんなことを思う鈴蘭です。






スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する