FC2ブログ

独り言 その壱千五百七拾弐

 大きいだけの鈴蘭です。

 連休中はPS4で動画を流しながら、新PCのご機嫌伺いをしていた鈴蘭です。

 来週のWindows 10 May 2019 UpdateにおいてWindows10の自動更新の問題が解消される運びとなりました。
 しかし、Windows10の問題はそればかりではありません。
 高速起動などのソフトウェア上の問題(機能が有効になっていると電源が落ちない)については個別に対応せねばならない状況に変わりありません。
 購入以来、一つ一つ問題を潰してきましたが…。
 それらとは別に、ハードウェア上の問題…というか、心配事がありまして。
 昨日は、その確認をしていました。

 今回の構成で一つ気懸りだったのが冷却系。
 マザーボードやCPU、メモリはオーバークロックに対応したモデルを選んでいます。
 それは、オーバークロックに耐えられるだけの余裕があることが、構造上の信頼性の表れと考えてのことであり。
 自分としてはオーバークロックに手を出すつもりはありませんし…。
 また、長時間PCに高負荷をかけるような動画編集などの作業をするつもりもありません。
 その為、CPUの冷却装置は中型の空冷式のものを選択しました。

 ただ…。

 この冷却装置は能力的にi7にも対応しており、実績もあることはネットで調べて知っていましたが、将来的に安定した動作が見込めるものなのか…その確信がありません。
 ドスパラの店員さんから『この空冷でも9700Kで動画編集とか重い作業は厳しいっす』と言われたのが引っかかっています。
 
 動画編集をしない私の環境で、水冷を考えねばならないほど熱を持つものかというと…?



 …ツールを入れて簡単に調べてみました。



新PC様のご機嫌伺い その1(´・ω・`)

 AndroidのエミュレータであるNOXを使って、アズールレーンを起動した状態。
 NOXを使っても低負荷状態でした。
 CPU、グラボ共に温度はアイドル時と殆ど変わりません。

 これまではエミュレータなど使うことはなかった鈴蘭です。
 しかし、最近になってアズールレーンの最高難度ステージである13章攻略に乗り出したのですが、攻略に適したキャラのレベルが微妙に低く…。
 今の私にオートは厳しく感じ、オート派の私も宗旨替え。
 エミュレータを通してPCに接続したコントローラーを使えるようにして、手動操作をするようになりました。
 あと、処理落ち対策ですね。
 13章は弾幕が厚く、半端な処理性能の機械ではカクつきが酷いのです。
 聞けば、古い機体を使っている方はアプリが強制終了してしまうこともあるほどだとか。
 ウチのスマホはそこまででもないのですが…。
 まぁ。
 塒に居るときくらいは、より快適に…ということで;



新PC様のご機嫌伺い その2(´・ω・`)

 Apex Legendsを起動した状態。
 CPUの最高温度で60℃を越えているのは、戦闘を行った際のものですね。
 (記事を書いている段になって、ようやく最高温度の履歴を取り直せば良かったと気付きましたが…後の祭り)
 設定を最低ランクに落としている甲斐もあってか、CPUもグラボもそこまで温度が上がっていません。
 写真に残していませんが、全体を通して40~50℃の間で推移していたと思います。



新PC様のご機嫌伺い その3(´・ω・`)

 最後にPSO2。

 設定3だと低負荷ですね…。
 ウィンドウ表示にしたことで負荷が上がるかと思ったのですが、あまり影響がなかったようです。
 フレームレート向上を優先して設定を下げれば、もっと温度を下げられるでしょうか?
 この辺りは使い分け、でもあるでしょうかね。
 集会に参加するのに設定を下げるのは勿体ないでしょうし。
 クエストに行くのに設定を上げるのは不便もあるでしょうから。



 CPU温度は、私の普段使いの範囲では適正の範囲に収まっていることが分かりました。
 購入当初、私が期待していた通りの結果になり、この点は満足しています。
 しかし…将来的な余裕があるのかと言われると微妙なところです。
 今後、負荷の重いゲームに挑戦することになれば、今の空冷では厳しいかもしれませんね。
 そのときは、より大型の空冷に変えるか、或いは水冷に切り替えるか…。

 …水冷ねぇ。

 個人的には、そこまでする必要があるのか…疑問もあるのですけどね;
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する