FC2ブログ

独り言 その壱千五百六拾弐

 大きいだけの鈴蘭です。




 自分としては高い点数に驚いています。

 私は関西人ではありますが、本家は東北南部。
 親族は関東に多く、父も祖父も標準語を話す人でした。
 私自身、普段から関西弁を口にするものの…周囲の人からは『関西人ぽくないなぁ』と評されるような、緩い訛り具合の人間です。
 この問題に触れ、改めて『大阪弁』と言われても、何がそうなのか…私には見当がつきませんでした。

 ただ、まぁ…。

 地元とあって、やっぱり何処かで見聞きして覚えているのでしょうね。
 なんとなくでも、こうして点数が取れました。



 やっぱり…。



 身につけるには、学ぶことも大事ですが、慣れ親しむことも大事…なんですね。
 いえ、それこそが…でしょうか?



■今日のニークス



 最近、あまり話題に出していませんが…イドラもボチボチやっています。

 やっている…のですが。
 こう…何といいますか…。

 せっかくフレさんと同じゲームをしているのです。
 ネットワークゲームらしく、何かしら繋がりがあっても…と思うのですが。
 これと言って無いのですよね;
 ユーザー間の共闘コンテンツ(?)として、フレさんのキャラを借りる事が出来たところで、現状…同じ遊びをしているという感覚に乏しいように思います。

 …うーん…。

 例えば、キャラ単体の貸し出しではなく、パーティー単位で貸し出すとかの方が、編成の遊びがある分、個性を出せたりはしないでしょうか…?

 …ああ、いや。

 強いパーティーの形が決まっている以上、変わりはしませんか;
 結局、キャラの少ない状況が問題ですね…。
 最近になってキャラを増やすようになってきましたが、フレさん曰く『運営にやる気があるのか疑わしいレベルで対応が遅い』と酷評されていましたっけ。

 確かに今の環境では属性間、陣営間の格差が大きく、編成がままならない不自由さを感じています。
 これが解消されないことには、戦闘の閉塞感はいかんともし難いでしょう。



 …頑張って欲しいですね。
 ここもまた、ファンタシースターの世界の一つ。
 ここが豊かになることは、アークスの私達にとっての喜びにもなるでしょうから。
 


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する