FC2ブログ

独り言 その壱千五百五拾六

 大きいだけの鈴蘭です。

 @SEGA_OFFICIALさんのツイート: https://twitter.com/SEGA_OFFICIAL/status/1105685168386269184?s=09

 麻薬取締法違反容疑で逮捕されたピエール瀧容疑者を起用していたとして、セガは自社のゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』の出荷・販売を自粛すると発表しました。
 『龍が如く』のシリーズに連なる本作は、これまでに一定のファンを獲得しており、セガの看板タイトルの一つと数えられるだけの売上もあったと思いますが…。
 それだけに、この決断はセガとしても辛いところでしょうね。
 現実の俳優を出演させているゲームならではのこと…でしょうか。

 確か『アナと雪の女王』も声優に起用していたということで自粛しているのでしたっけ。
 先日、仮想は仮想の事として…とは言ったものの。
 現実にも仮想にも、同じ人が集まり形作られる基盤…社会がある以上、変わらない…いえ、変わるべきではない事柄があるのだ…と。
 そんな事を思った鈴蘭です。

 当たり前といえば、至極当たり前のことですが。
 それに気付かないものなのですよね…;



■今日のニークス

 …ぼんやり。

 PS4のPSO2とApex Legendsをアップデート…。
 …あ、ANTHEMもアップデートしないとですね。
 実は発売日に買ったものの…アレコレあって遊びそびれているうちにバグの話を聞いて、これまで怖くて触れていなかったのですよ;

 ANTHEMは、当初3月中旬に予定していたというアップデートを3/9に前倒しして実施しました。
 PS4がレンガ化するという恐怖のクラッシュバグの修正対応を含む、300項目余りのエラーを修正する(エラーだけで300であり、バランス調整などは別カウント)という大規模アップデートです。

 最近のゲームは、オンラインでの修正パッチを発売前に配信することも珍しくありません。
 正式発売後に修正対応を重ね、完成度を高めていく。
 そうした形が一般的です。
 バランス調整の部分は、多くのユーザーがプレイすることで初めて分かるものもあると聞きますからね。
 …ただ、そう…それは、あくまでバランス調整です。
 バグとりではありません。
 致命的なバグを放置したまま発売してしまったANTHEMの開発陣は、今後、決して少なくない代償を支払うことになるのでしょうね。

 個人的には…夢を感じさせてくれるゲームだと思いますし、世に認められる形になって欲しいと願っているのですが…。
 はてさて。



 さて、考えている内にPSO2とApex Legendsのアップデートが終わりましたか…。



 早速アークスシップに乗船し、メールを書き始めた鈴蘭です。
 PCが復旧するまでの間、PS4を介してアークスシップに乗り込むことになります。
 その旨を伝え、クエストの効率が落ちるであろうことを思い…暫くはご一緒するのは控えよう…と。

 …正直、この言葉を切り出すべきか迷いました。
 ご一緒してくださる方が求めているもの。
 それを、正面から貶すことになるかもしれないのですから。

 でも、迷惑を掛けないようにするのは、これがいいのかなぁ…。

 などと、あれこれ考えメールを送り…。
 いや、この書き方は卑怯だったな、と後悔。
 理由を相手に押し付けていたことに、遅まきながら気が付きました。



 私は、私などが人に願うのは厚かましいと思っています。
 私に何があるわけでもありません。
 何かを願ったところで、示される厚意に返せるものなど無いのですから。

 そんな私に何もないことの不安を隠し、相手に非があるかのようにメールを書いてしまいました。

 …はぁ。

 どうにもいけませんね、私は。
 こうしたときにどうしていいのか、さっぱりです。
 同じとろこで、同じことばかり繰り返している気がします。

 不安に囚われる度、人からは私が私であればいい、などと言われますが…。
 それにどんな意味があるのか…私自身よくわかっていません。

 こんなことだから…。

 …ああ、いやいや;
 悩むのはいいとしても、それがまた言い訳になってはいけませんね;
 つくづくメールを送ったことを後悔。



 間違いを無かったことにはできません。
 するべきでもありません。

 …なので。

 せめて心から詫び、改めて『一緒に遊んでもらえますか?』と伺うことにしましょう…;
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する