独り言 その百五十四

 大きいだけの鈴蘭です。

 最近はチームで使うたまり場の目印として、空き時間を意識してそちらで過ごす鈴蘭です。
 大きいだけ(※小さい時もありますが)の置物状態。
 ここしばらく『(マイルームに)帰らないと…』と思いつつも、帰れない日々が絶賛継続中です。
 いつもお部屋に来てくださるフレさんには、本当にご無沙汰してしまって…申し訳ないです><。
 (…最近、こればかり書いていますね;)
 
 たまり場と言っても、看板でも立っていれば話は別ですが、誰もいなければ何の変哲も無いロビーの一角に過ぎません。
 出来る限り『人が居る』状況を作って、アピールをする必要があります。
 人に流れがあるというのなら、その流れを止める取っ掛かりがあってしかるべきでしょう。
 …最近は、その取っ掛かりの一つたらんとしている鈴蘭です。
 
 それは、離席放置でも構わないと思います。
 そこに人が居る。そこの利用者がいる…その事実こそが重要だと思いますから。


 人が人を求めるというのは自然な事だと思います。。
 親しい人と過ごしたいと望んで行動するのは、別に不思議な事ではありませんし。

 ただ、こうした場においての関係を考えるなら。
 特定の点と点を結ぶ線の状態では、どれだけそれが強固な繋がりであろうとも、たやすく切れてしまうと思います。
 多くの点が線で結び付いて、網…面を作ることこそが理想でしょう。
 それぞれが弱い結び付きであっても、多くの繋がりを持つことで、場においての安定を得る。
 それが場を作る関係なのか…と考えてもみたり。


 点が点を求める…というのが現状。
 今の形は良く言っても『木』のような形でしょう。
 面を作るには至っていない、というのが鈴蘭の見立て。
 ここから如何にするかが考えどころです。

 …とはいえ、人と人とのこと。
 アレコレしたところで、下手な考えにしかならないのかも知れません。
 場を作るのは鈴蘭ではなく、みんななのですから。
スポンサーサイト

コメント

  • 2013/06/20 (Thu)
    17:11
    No title

    たまり場の使い方・・・それは人それぞれ。最近見ててもそう思います。一番の理想は自分から求めて「その場」来て、何かをしようと思うことかなと・・・。

    休憩や離席の為でただ居るのもそれも形かなと思います。(私も殆どココだし;

    色々考えることは多いけど、少しづつで良いので「交流の場」として皆が楽しめる所になるといいなぁ( ´ー`)

    mon-p #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する