FC2ブログ

独り言 その壱千五百四拾壱

 大きいだけの鈴蘭です。



 世界最古の白磁を発見。
 しかも、それが曹操の墓と思われている場所から出土…とは。
 いやぁ…。
 浪漫ですよ、これは。



 陶磁器、と一口に言いますが…陶器と磁器では同じ焼き物でも若干違いがあります。
 陶器の材料は所謂…私達が思い浮かべる一般的な茶色い粘土を捏ねて作り、比較的低温で焼き上げますが。
 磁器は鉱石を砕いて粉にしたものから鉄分を除いた上で作った灰色の粘土(ケイ酸とアルミニウムなどが主成分)を捏ねて作り、高温で焼き上げます。
 この違いは仕上がりに表れており。
 陶器にはない、透き通るような白い美しさが磁器の…白磁の特徴です。
 (因みに陶器の赤みは鉄分があるため)

 素焼きのものも含めれば、陶器の始まりは縄文時代にまで遡れます(世界最古といわれる12000年前の陶器は日本で出土しています)。
 一方の白磁は、これまで北斉の時代(6世紀ごろ)に登場したと言われていました。
 曹操の墓から出土したとなれば、それは2~3世紀ごろに存在した白磁となり…これまでの通説から400年ほど前に、既に白磁が存在していたことになります。
 これは美術史上の大発見です。

 …ただ、そうなると。

 この白磁を、いつ、どこで、誰が作ったのかが問題です。
 これまで、全く痕跡らしいものが無かったのですからね。
 こんなものが存在すること自体が驚きです。
 ミステリーと言ってもいいでしょう。

 400年の空白を挟んで存在している白磁…。

 …いやぁ。
 浪漫ですよ、これは。



■今日のニークス



 …あぁ…だめだなぁ;



 何かにつけての自分本位。
 簡単な事で揺らいでしまう心。

 どうして、こう…同じような事ばかり繰り返しては、躓いてしまうのか。
 昨日の『キジも鳴かずば』は、その後悔を含んでいましたが…。
 あれこれ考えても、間違いの上に間違いを塗り重ねるだけ。
 言葉ばかりが上滑りして、相手を振り回してしまいます。
 理解してもらいたい、という期待からの思い上がり…なんでしょう、これも。
 私の為に、申し訳の立たないことばかりが積み上がっていきます。

 こんな事だから…。

 いやいや…。

 …。

 考えていることを言葉にして。
 書いては消し、消しては書いて。
 そうして言葉を変える度、言葉が軽くなり…私そのものが軽くなっていくのが目に見えるかのよう。



 …あぁ、だめだなぁ;



 ドツボというやつですね。
 こういうときは目先を変えましょう。
 引き摺りはするものの…抑え込むことは得意な私の筈です。
 この切り替えが急すぎて、相手を置いて行かないかが気掛かりであり…心配のタネではあるのですが。
 しかし、ここで折り目を付けねば、場を汚してばかりになります。
 それこそ、本当に申し訳が立ちません。
 見方を変えて、答えを探さねば…。



 …はぁ(タメイキ)。



 気分転換にネットの記事でも…。
 そう思って開いたブラウザに映されたのは…。



 …そう言えば、もうすぐ発売でしたか。

 『ANTHEM(アンセム)』
 このゲームは、地球とは別の惑星を舞台にしたSFで。
 その惑星は神様が創世の途中で作業を放り出してしまい、混沌の状態が続いています。
 混沌の世界から身を守ろうと、人類は要塞都市『フォート・タルシス』を築き、数世紀に渡って要塞都市の中の平穏を享受してきたのですが…そんな中で強大な武力を背景に人類の支配を目論む勢力『ドミニオン』が台頭、それに対抗すべく『フォート・タルシス』は戦いに臨むことに。
 主人公は『フォート・タルシス』のエージェントの一人となって、様々な任務に就きます。

 このゲームにはTPS、PVE、複数人パーティープレイ前提、SF的世界観…と、PSO2に通じるものがあります。
 面白そうだと思って、気に掛けてはいたのですが…すっかり忘れていました;
 近年のこの手のゲームはPC版の方が出来が良く、買うべきはPC版なのですが…このゲームのPC版はWin10以降が対応ということで、私の今の環境では直ぐの導入が難しく、取り敢えずはPS4版を買おうかと思っていたのでしたっけ…。

 慣れ親しんだものに似ているようで、全く違う未知のもの。

 初めてこのゲームの画面を見たとき。
 PSO2の画面を初めて見たときに感じた感動…それに似たものを感じた鈴蘭です。



 …初めての感動…か。



yun_961.jpg




 そこで、何か憑き物が落ちた心持ちになりました。
 ああ、うん…なるほど。
 ようやく私の思い違いに至りました。



 止まり木たる私が何を考えていたのやら;
 慣れとは怖いものです。
 いつの間にか、大事が何かを見誤っていましたか…。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する