FC2ブログ

独り言 その壱千五百参拾四

 大きいだけの鈴蘭です。

 先週は2月の第二週。
 土曜には、月に一度の褐色集会が開催されました。



 今回は連休の中日であったせいか、いつもに比べておいでになる方、遅くまで起きている方が多く。
 いつにも増して、全体を通して賑やかな集会となりました。



 この日、北海道で-30度以下を記録するほどの記録的な寒波が押し寄せ、全国的に気温が低下し…画面の中の格好とは裏腹に、口々に皆さん『寒い寒い』と仰っていたのが印象的だったでしょうか。
 人によっては奇異なことと映るかも知れませんが…。
 個人的には、こうした光景に趣を感じた鈴蘭です。



pso20190210_030107_044.jpg
(C)SEGA



 これもまた、これこそ仮想ならではのこと…でしょうからね。





 …いやしかし、ほんとに寒いですね;
 大阪でも日中最高気温が3度程度でしたし…。

 2月も半ば。
 そろそろ暖かな春の訪れに備えようかという時期ですが…。
 これは油断していると体調を崩しかねません。
 
 みなさんも、お気をつけくださいな。



■今日のニークス

 月曜のスプラの日…ですが、今日はちょっと目先を変えて…。
 Respawn Entertainmentという会社が開発した「Apex Legends(エーペックス・レジェンズ)」というゲームについて。

 先日、『このゲームが傑作』と勧められたものの…寡聞にして知らなかった鈴蘭は、ネットで検索して概要を調べるところから始めました。

 『Apex Legends』は、つい先日サービスが始まったばかりのバトルロワイヤル形式のFPSゲームで。
 プレイヤーは既存のキャラクターの中から使用する一人を選択、これが職であったり必殺技であったりを決定する要素となっており…チームを組むメンバーでキャラクターの重複が出来ない形になっています。
 『フォートナイト』などの場合、拾った武器に応じて出来ることが変わりますが…。
 『Apex Legends』の場合、職特有の必殺技のようなものがあり、それぞれの職の特性を活かした戦い方が求められます。
 シールドを展開して自身や味方を守ることが出来るジブラルタル。
 敵に注目されていると気配として感じ取れる忍者レイス。
 負傷した味方を回復できるライフライン。
 戦闘の痕跡を知覚し、敵の位置を探り出すブラッドハウンド…等々。

 事前に自身の役割を決める…こんなバトルロワイヤル形式のFPSもあるんですね。



 YouTubeに投稿されていた動画を見て、雰囲気を掴み…続いてプラットフォームを確認。
 おや、PCとPS4、複数のプラットフォームで出てるんですね。
 しかも、基本プレイ無料。
 ははぁ…このクオリティで無料ですか…時代も進んだものですね;

 …などと感心しつつ。

 確認したPC版の推奨環境のスペックは、私のPCでも十分満たせるものでした。
 これならば…と、早速インストール。



 …あ、チュートリアルがあるんですね。
 ありがたい;
 『フォートナイト』は基本操作も実地で覚えるしか無く…難儀しましたからねぇ;



 …ふむ、ふむ、ふむ…。



 暫く射撃場でハンドガン片手にウロウロ。



 …気のせい、でしょうか…。
 『フォートナイト』に比べ、画面酔いが少ない気が。
 新しいゲームをする度に、ゲーム画面と自分の中の感覚とのズレから、頭が痛くなったり酔ったりするのですが…。
 その度合いが小さいような?
 操作しやすい…というのもあるのでしょうが、なんでしょうね?
 何がどう、と口で説明できないのですけど…。
 このゲームは、私の感覚に合っている…のかもしれません。

 …まぁ。

 まだ外の世界の刺激におっかなびっくりで、射撃場でも腰が引けているような状態です。
 この先は、まだまだ分かりませんけどね;
 でも、いいゲームであり、やってみたいと思えるゲームですし。
 これから少しずつ慣らして…しっかり楽しめるようになれれば、と思います。



 しかし、この動画の人はパッドで操作してるんですね…これ。
 私もパッドで操作してみましたが、照準が合わせにくくてしょうがなく。
 とてもではありませんが、使えそうにないと投げてしまいました。
 これも『慣れ』なんでしょうか;
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する