FC2ブログ

独り言 その壱千五百弐拾五

 大きいだけの鈴蘭です。

 今週は、連続して緊急メンテナンスが実施されたPSO2。
 その内容は…。



「錬成の導き」を用いた特殊能力追加で失敗する場合がある



2019年1月24日(木)の更新にて、不具合の修正が行われております。
調査の結果、不具合の詳細内容は以下のとおりとなります。

特殊能力追加において、ベースの武器に以下「1.」と「2.」の特殊能力が付与されている状態で特殊能力追加した際に、「錬成の導き」の効果が適用されない場合がある不具合の修正
1.「S級特殊能力」または「フレイズ系」「バスター系」の特殊能力
2.「錬成の導き」
 ※上記の組み合わせ以外では、アイテムラボの成功率表示通りの確率となることを確認しております。
 ※本不具合の修正にあわせて、緊急クエストのランダム発生も再開しております。
本不具合に関するお詫びの詳細や実施時期につきましては、後日あらためてお知らせさせていただきます。今しばらくお待ちくださいますようお願いいたします。

皆様にはご迷惑をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。




 挑戦的な特殊構成などに手を出す事の無い私としては『そんな事があったんやねぇ…』と、何処までも他人事でした。
 ただ、今回の『錬成の導き』に期待を懸けていた人たちにとってみれば、そんなに呑気に構えていられるものでもなく。

 そんな訳で、案の定…というか、炎上騒ぎに。

 運営の対応を見るに、運営に結構な数のクレームが寄せられたようです。
 それに答えるように、公式から、不具合についての詳細な説明がなされました。



特殊能力追加は、負荷対策のため実行前に成功率をクライアントに表示する機能と、実行時に成功率に基づきサーバー側で成功判定する機能に分けて実装されております。
こちらは、サービス開始当初より正常に動作しておりましたが、今回新規で配信された「錬成の導き」を用いた特殊能力追加に関しては、実行時の成功判定でのみ不具合がサーバー側で発生しておりました。

特殊能力追加では、同様の効果を持つ特殊能力の効果が重複しないようにするため、同じカテゴリであれば効果を重複させない機能が実装されておりますが、「錬成の導き」を実装した際の作業ミスにより、本来の仕様とは異なる「S級特殊能力」または「フレイズ系」「バスター系」のカテゴリに誤って設定されておりました。
そのため、本来なら重複可能な組み合わせにも関わらず、「錬成の導き」が重複扱いとされ効果が適用されない場合がございました。

この問題に対して、1月24日(木)の緊急メンテナンス時においては、「錬成の導き」のカテゴリを変更する修正は別の不具合を誘発するリスクが大きかったため、カテゴリを変更せず効果が適用されるように修正いたしました。

しかしながら、該当カテゴリの特殊能力はユニットには付与されないルールがあり、また付与されないはずの特殊能力の効果は適用されない安全処理が実装されていたため、修正前も修正後もユニットの特殊能力追加についてはすべてのケースにおいて、「錬成の導き」の効果が適用されておりませんでした。
この問題に対しては、1月25日(金)の緊急メンテナンス時にて、ユニットの特殊能力においても正しく効果が適用されるよう追加で修正させていただきました。

今回の不具合に関しましては、ユーザーの皆様に多大な影響を与えるものであるにも関わらず、検証の段階で気づくことができておらず、誠に申し訳ありませんでした。

さらに調査の結果、本不具合に関して特殊能力追加で素材に使用したアイテムの抽出が困難であることが判明いたしました。こちらに関しまして、誠に申し訳ありませんが、補填ではなく運営からのお詫びを条件にあわせて下記のように配付させていただきます。

条件1
「錬成の導き」の付与されたアイテムを入手された方
※アイテムの入手はドロップ、マイショップ購入、トレードを対象としております。

条件2
1月23日(水)16:45 ~ 1月24日(木)12:00の期間にすべての武器に対して特殊能力追加を実行した方

条件3
1月23日(水)16:45 ~ 1月25日(金)18:00の期間にすべてのユニットに対して特殊能力追加を実行した方

条件1を満たして、条件2もしくは条件3に該当する皆様に下記のアイテムを配付させていただきます。

「能力追加成功(100%)」×1個
「特殊能力(打撃&PP/3)」×1個
「特殊能力(射撃&PP/3)」×1個
「特殊能力(法撃&PP/3)」×1個
「特殊能力(HP&PP/3)」×1個
また、条件1と条件2を満たした方には、1月23日(水)16:45 ~ 1月24日(木)12:00の期間中のすべての武器に対する特殊能力追加の費用と同額のメセタを配付させていただきます。

さらに条件1と条件3を満たした方には、1月23日(水)16:45 ~ 1月25日(金)18:00の期間中のすべてのユニットに対する特殊能力追加の費用と同額のメセタを配付させていただきます。

お詫びの実施時期につきましては、後日あらためてお知らせさせていただきます。

対象期間にログインしていて、条件にあてはまらない方はこちらをご確認ください。

皆様の大切なアイテムを使用する特殊能力追加に関わる重大な不具合を発生させてしまい、誠に申し訳ございません。
今後このようなことがないよう、再発防止に努めてまいります。

この不具合による2回の緊急メンテナンスにより、皆様には大変なご心配とご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。




 …これを読んで。
 内容について考えること暫し。
 そして…『はて?』と。
 思わず首を傾げた鈴蘭です。

 この運営とユーザーの遣り取りって、必要なんでしょうか…?



 検証の不徹底で不具合を起こしてしまった事。
 最悪の事態に備えて、データのバックアップが取られていなかった事。
 この2つについては運営の怠慢と言ってもいいでしょう。
 これらをユーザーが批難するのは分かります。
 しかし…。
 不具合を起こしたという、ラボの特殊能力追加の成功率の算定方法…その是非についてまで、運営とユーザーの間で議論する必要があるのでしょうか?
 水掛け論に終始して、建設的な話など望めそうにないように思えるのですが…。



 …うーん?;



 そして、この不具合の発生に対しての『お詫び』でもひと悶着。
 問題になったのが『「能力追加成功(100%)」×1個』の配布です。

 どんな特殊能力の追加でも、絶対成功させる夢のアイテム。
 それは本来、存在してはならないもので。
 欲しがるからからと言って、与えていいものではありません。

 …その心配は、多くの人がしていたようで…。







 …まぁ、そうですよね。
 しかし…ではどうするのか。
 運営の判断を興味深く見守っていましたが…。
 先程、正式にお詫びについての方針が決まったようです。







 …うーん…;



 当初は『困難だから出来ない』としていた素材アイテムの個別返還を行う、と。
 原状回復、というのが不具合対応としては最善ですし、対象となるユーザーにとって朗報ではあります。
 朗報ではありますが…。
 なんでしょうね、以前、別の機会にも言ったように思うのですが。
 先のユーザーへの説明にしろ、お詫びの配布にしろ、ユーザーと向き合うために誠心誠意、という気持ちだけが空回りしているような印象を受けますね;

 私人として、そうした気持ちを大事にすることは良いことと思います。
 しかし。
 公人として、そうした気持ちを第一に物事を進めても、幸福な結果が得られるとは限りません。

 説明責任を果たす、という姿勢は大事です。
 でも、行き過ぎもどうかと思うのですよ。

 ユーザーはお客様ですが、神様ではないのですから。



 これは、フレさんにお話を伺い、私の中で形になった答え。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する