FC2ブログ

独り言 その壱千五百壱拾七

 大きいだけの鈴蘭です、



 …最後まで見て、今更ながらに気が付きましたが…。
 ゲーム内アイテムが貰えるキーワードの入力受付期間、一年間あるじゃないですか。
 いえ、いま考えれば当たり前のことで、有り得ない事と分かるのですが、てっきり『放映当日限り』だとばかり…。

 この辺りの私の思い込み、手違いは本当に多く…。



 …イドラの運営が伝える、このエラー。
 私もハマってしまっています。
 原因は、恐らく今日のメンテナンスまでの開催であった、正月期間限定クエストでしょう。

 メンテナンスを失念していた私は、限定クエストに潜ったままの状態でメンテナンスを迎えてしまいました。
 通常であれば、戦闘中に回線が切断されるなどした場合、次回接続時に中断した戦闘を再開するかどうかを聞いてきます。

 今回の場合、メンテナンスを跨いで確認のメッセージが出はしたものの…。
 再開を選択しようとも、キャンセルを選択しようとも、エラーが発生してタイトル画面より先に進めません。
 恐らくですが、メンテナンスによって削除された期間限定クエストの情報を更新しようとして、プログラムが既に存在しない記憶領域を見に行ったことでエラーを返している…といった感じでしょうか。

 ユーザーが犯しやすいミスですし、事前の対策をしていてもおかしくない部分ではありますが…。
 そもそも、私が気を付けていれば良かった事ですからね。
 私が不便に陥っているのは、自業自得というものです。

 PSO2では、メンテ前には事前のログオフを促すシステムアナウンスが流れます。
 正直、ああしたものは形式的なもので、そうそう不測の事態など起こらないだろう…と甘く見ていました。
 今回は大事がなかったから良かったものの、最悪の事態だって考えられる訳ですし。
 これを教訓に、今後は気を付けます…;



■今日のニークス

 …少しスプラについて。

 最近、武器を持ち替えたことで、動きが怪しくなった鈴蘭ですが…。
 そもそも何が原因となっているのか。
 今ひとつ、それがよく分かっていません。

 射程の違いによるもの、というのは確かにあります。
 ですが、それだけのことなのかというと…私の動きの怪しさの理由としては、何か足りない気がします。
 果たして何が?
 足りないものだらけの私にとって、別の意味で難題ではありますが。
 それを探すため、試合の後にフィールドに降り、自分の行動をなぞりつつ…落ち着いて考えてみました。



 よく通る道、好んで立った場所、敵を倒した場所、敵に倒された場所。
 それらを振り返り…。

 ふと。

 私の意識が、常に高いところに向いている事に気付きました。
 単純に上ばかりを見ている、というのではありません。
 なんと言えばいいでしょう…。
 『敵より高い位置を占めれば、優位に立てる』と考えている…のだと思います。

 撃ち下ろしで射程が伸びる。
 崖上など、敵が近寄り難い。

 多分、この辺りに私が幻想を持っているのでしょう。
 展開が苦しい時や、立合いに自信がない時などに、その幻想に縋ろうとしています。
 それを思うと、私のこれは信仰とでも言うべきものかもしれません。

 ただ…こうして改めて自分の行動をなぞってみると、その信仰に疑問を感じます。
 その信仰に、立合いにおける利や理はあるのか…と。

 私の出した答えは否。

 落ち着いているときであれば、答えを出せもするのです。
 問題は、これを立合いの中で意識できるか…ですね;
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する