FC2ブログ

独り言 その壱千五百壱拾六

 大きいだけの鈴蘭です。

 寒い日が続いています。
 冬のこうした天気が続くと決まって聞こえて来るのが、インフルエンザの流行の話。
 私の職場でも、インフルエンザに罹った職員が現れ…。
 休み前の先一昨日に2人。
 一昨日には4人の病欠が出ました。
 聞けば、私が休みの間にも疑わしい人が出たとか。
 この調子で、休み明けに更に病欠が増えるようだと…。

 マズイですね;

 『インフルエンザが関東で流行している』というニュースは見た記憶があるのですが、関西でもこうして流行っていたとは…。
 これは他人事ではありません。
 常から自分で出来る方法でもって予防せねば。

 インフルエンザの予防策というと、うがい、手洗い、20分おきの水分補給、ビタミンD補給、睡眠…といったところですか。
 どれも、少し気をつければいいだけの簡単なことですね。
 ただそれだけに、うっかり忘れてしまいそうなのが心配です。
 特に、この季節だとビタミンDの補給が…。
 手の甲を30分程度、日光に晒すだけで予防には十分なのだそうですけどね。
 とはいえ、冬の寒い中、わざわざ手を日にかざして30分…なんてことは、ねぇ;



 …こんなときアークスであれば、トナカイスーツでどんな環境にも対応できるというのに…。



■今日のニークス

 この週末は1月第2週。
 土曜日には、新年最初となる褐色集会が開かれました。



 思えば、もう48回目なんですね。
 始まって4年ですか…。
 本当に、時間の流れは早いものです。



 特別な何かをするでもなく、取り留めの無い話をして、集まった記念に写真を撮って別れるだけの集まり。
 そんな集会の入り口に座り続けて4年。
 特別な何かのない、そんな時間であればこそ…感じられるもの。
 『それ』を楽しむ人の様を眺めてきました。
 皆が楽しむ『それ』が何かと問われても、私には分かりません。
 私が『それ』と示せば、『それ』はきっと誰かにとって違うものになってしまうでしょうから。

 『それ』も『それ』も、同じ場所に在る。

 きっと、それが有り難いことで。
 きっと、それが楽しいのでしょうね。







 …私は、『それ』を手にするよりも。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する