FC2ブログ

独り言 その壱千五百壱拾

 大きいだけの鈴蘭です。

 一昨日の記事にしようかと思っていたのですが…書く内容に繋げられなかったので、ここに改めて。

 先日、あるツイートが投稿されました。
 投稿者は、くまモン。
 言わずと知れた熊本県のマスコットキャラクターです。
 どうやら、先の大きな地震の発生を受けて各地から寄せられた、気遣いの声に答える内容のようで…。



 これを見るに、大きな被害は出なかったのでしょうか。
 …だとすれば何よりのことです。



 最近は自然災害に限らず、ニュースというと暗いもの、堅いものが目につきます。
 年も改まったというのに…というのは、自然相手には通用しませんが。
 せめて人と人の間のことくらいは、と思わなくもありません。

 …しかし、人の世の作りは複雑怪奇。

 理想論で何もかもが解決するのであれば、苦労はありません。
 最近世間を騒がせている事柄も、それぞれに引くに引けない大事があればこそのことでしょう。
 私なりに、その辺りのことも分かってはいるのですけどね。
 それでもやはり…ままならないものだなぁ…と。
 嘆息せずにはおれません。

 …だからこそ興味深い。
 或いは、感慨深いとも言えるのですが…。

 私個人に限って言えば。
 誰かと過ごす時間において起こりうる事は、それが何であれ、基本的に思い出として大事になると考えています。
 たとえそれが思い通りのものでなくとも、『そういう日もあるよね』と。
 ありのままを受け入れます。
 相手が次の機会を望んでくれるのであれば、今日という日の全ては無駄ではありませんからね。

 とかく…得をしなければ損をする、とでも言わんばかりの考え方が幅を利かせる世界において。
 そればかりではない、という付き合いが望めるのは、幸せなことだと思います。

 世の中の出来事を見るにつけ。
 こうしたものでは足りないのかな、と。
 不思議にも思う鈴蘭です。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する