FC2ブログ

独り言 その壱千四百九拾九

 大きいだけの鈴蘭です。



 おー…優勝おめでとうございます。

 現在の日本のeスポーツの状況を思うに…恵まれない環境でも、こうして結果を残す選手は凄いですね。
 世界に通用する技術を持つ選手であっても、それがマイナースポーツであれば企業の支援を受け難く…自身の生活と練習環境の維持のために兼業をせねばなりません。
 選手で在るために、スポーツ以外のことに時間を割かねばならないのです。
 そんな状況で肝心のスポーツに集中できるはずもなく、マイナーはマイナーであることから抜け出せないまま負が負を呼び、悪循環になってしまっている…そんな話も聞かれますから。
 一時期ブームになった女子ソフトボールもそうでしたっけ。

 地域社会と共生するのが企業の責務であり、企業の得た利益を地域の振興や文化、芸術活動の支援という形で還元する…。
 企業の倫理として掲げられる文言としては、ありふれたものです。
 しかし、利益を追求する企業がコストカットしやすいのがこうした部分であり。
 企業イメージへの貢献の度合いによって優先順位が決められ、結果次第で至極簡単に削られます。
 現実とはそうしたものですが…。
 企業の姿勢は、慈善を謳いながら慈善をしている訳ではない…とも受け取れ、私などは矛盾を感じます。

 …まぁ。

 企業云々…というより、私が甘いだけなのでしょうが;



 しかし、今大会で優勝された方もですが…。



 この大会で優勝を争った8人の選手のうち5人が日本人選手でした。
 メディアではあまり扱われていませんが…彼らの頑張りにも、多くの人の目が向いて欲しいものですね。

 私達が選手に直接なにか出来る訳でもありません。
 でも…。
 だからといって私達が無関心でいては、変えられるはずのものも変わらないままになってしまいます。
 私達一人一人が関心を持つことが、企業を変え、社会を変え、選手達を助けることに繋がるかもしれないのです。
 今を憂えるというのなら…。
 まずは知ることから始めてみませんか?



■今日のニークス

 なんだかんだで、真面目にイドラを進めています。

 …言っても、私に出来る限りを出来るだけ、という方針の範囲内ですけどね;
 それでも現在プレイヤーレベル38、パーテイーメンバーの平均レベル50…というところまで来ており。
 フレさんなどの高レベルキャラの助けを借りつつではありますが、ハードモードのクリアが望めるくらいになりました。
 アズレンでもそうでしたが、私は育成が好きでも育成の手際が良いわけではないので、この時期にここまでになっているのは私としては珍しいことだったりして…結構嬉しく思っていたりします。 

 このまま主力を育てつつ、今後のイベントに柔軟に対応できるように層を厚くできればいいのですが…。





 イベント…クリスマスかぁ…。



 そういえば、このイドラの世界でも、普通に『クリスマス』に『サンタ』が来るんですよね…。
 異世界って、こうしたところが不思議。
 まぁ、イドラに限って言えば、この世界をかつて破滅から救った神代の時代の英雄がアレなので、クリスマスなりの文化があっても不思議ではないのですが…。
 後世の人達は、世界の命運に関わる事柄を綺麗サッパリ忘れてしまっているのに、クリスマスなどについては大事に守り伝えているというのがなんとも;
 
 それでいいのかね、主人公諸君?

 …と言っても、世界の命運を軽んじた結果、と言う訳でもないでしょうけどね。
 伝承を正確に後世に伝えるために、語り部たる血統を守ってきたものの、長い時間の中で断絶し、知識も失われてしまった…というのは、ありがちですから。
 知らないからといって主人公たちの無知を責めるのは、酷というものでしょう。

 いやしかし、このサンタの衣装…驚くほどに今様ですね…。
 そういや、esの管理官であるセラフィさんと思しき人が、記憶喪失状態でイドラに来て管理官もどきの仕事をしてるんですよね…。
 あと、マグが流れ着いたり。
 実は伝統云々ではなく、リアルタイムでアークスシップとデザイン案のやり取りしてたりするのかもしれませんね;

 …って、そうそう。

 その『やり取り』で思い出しました。
 19日からイドラとPSO2の連携が始まるそうです。



 イドラを遊ぶことで『イドラポイント』なるものが蓄積され、そのポイントはPSO2内で各種アイテムと交換できるのだとか。
 今、イベントの周回をしているのですが…1日の周回で5,000ポイントは貯まっていますし、この分なら結構楽に貯められるかも?
 セガIDでの連携が必要ということなので、まだの方はしておいたほうが良いでしょうね。



 こうしたサービスが増えるたび、色々と出来ることが増えると良いな、と思うものの…。
 その一方で、気負い過ぎてやりすぎてしまわないか…今から心配している鈴蘭です。

 イドラはイドラ、PSO2はPSO2ですからね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する