FC2ブログ

独り言 その壱千四百八拾五

 大きいだけの鈴蘭です。

 先日、PSO2では☆15の実装が予告されましたが…。
 入手性から言って、来年以降に展開される新章の環境に移行するにあたっての準備期間である今に、『☆15とはこうしたもの』とユーザーに知って貰おう。
 或いは、☆14では実感しにくくなった『持っているだけで自慢できる』という所有欲を満たして貰おう。
 …そんな運営の意図があると思われます。
 既存の武器とは一線を画した強さを持つことには違いありませんが。
 ☆15がスタンダードになり、その強さを基準にしたクエストが配信されるようになるのは、もう少し先のこと。
 まだしばらくは☆14の時代が続くでしょう。

 …などと考え…。

 既に☆15入手に向けた準備を進めている人たちを他所に、いま手に入る装備で新章への備えを済ませ。
 何れ幸運に恵まれることを信じ、その時を気長に待つことにした鈴蘭です。

 幸い、現在配信中のセレシリーズは十分な強さを持った、ユニークな武器。
 先への備えとするのに十分でしょう。
 あいにくとPSO2への時間を割けず、周回数はそれほどではありませんが…有り難い事に、欲しかった弓とライフルがドロップ。
 ランチャーをチケット交換し、更に紋章をかき集めてカザミを交換。
 これで不安を抱えていたRaとBrに関しての装備問題は解消できそうです。

 まだ若干、狩猟石が足りませんが…まぁ、なんとかなるレベル。
 頑張れば、もう一つくらいは作れそうです。



 さて、どうしましょうかね。
 ダブセ? それとも意表をついてロッドとか?
 …いや。
 欲をかいて失敗する未来が見えます。
 まずは、手持ちの完成を目指しましょう;



 …っと、時間が。
 また後ほど。



■今日のニークス

 今日は月曜。
 スプラの日です。

 毎回毎回、此処を書くときにどう書いたものかを悩み。
 毎回毎回、書けたものでは上手く伝えられていないことに悩み。
 つくづく…。
 物事を筋道を立てて考えること。
 他人に自身の考えを伝えること。
 私はそれが下手なのだなぁ…と、痛感します。



 今回はチャージャー。
 …の、対処法について。

 いえ、チャージャー相手に限った話ではないのですが…。
 以前にも同じ話をしましたが、私の場合、古代の武士よろしく名乗りを上げて正面から挑みかかるような馬鹿正直な戦いをしており。
 勝つべき戦いも、自分の直線的な動きに付け込まれて取り零しています。

 思えば、『横に歩きながら攻撃するだけでも違う』というアドバイスに従って、歩き撃ちを試みたものの。
 いざ動こうと思ったときには、既に足元が敵のインク塗れになっていて、歩きたくても歩けない状況になっていることが多いのです。
 最初は、これをどうしたものかと考えていたのですが。
 そもそも…足元を取られている段階で、既に相手に先手を打たれている状況です。
 それは動くには遅すぎるタイミングでしょう。
 動くからには、足元を取られないように、相手の攻撃に先んじて動くべきなのですから。

 遅いのですね、どうにも。

 対処方法云々よりも、次の行動を考えているあたり…戦いの展開についていけていないのだと思います。
 考えるよりも先に動かねば、と考えて動いていては結局は同じこと。
 新しいことをしようとすると、すぐにこうなってしまうのは私の愚鈍さ故でしょう。
 誰でも最初は…とも思いますが。

 色々な場面を体験して。
 その体験を元に対応を考えて。
 次にその対応を試してみて。

 …という、成長に繋がるその繰り返しが、人に比べて遅い自覚がありますからね;

 ああっと…。
 だからといって、積み上げることを止めてしまうのは話が違います。
 何処までやれるものなのかを自分自身で確かめる…それが喜びであって。
 そこが高いか低いか、早いか遅いかは関係ありません。
 今の自分より、より高いところを。
 それを続けられることが、遊びの楽しさなのですから。



 取り敢えず…チャージャー云々、シューター云々の細かいところは置いておいて。
 自分の足元を見て…。
 動けるようにしますかな。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する