FC2ブログ

独り言 その壱千四百八拾

 大きいだけの鈴蘭です。



 …ファントムかぁ…。
 当初は使用武器が謎とされて、色々と憶測が飛び交っていましたが、その後の運営の話で使用武器がロッド、アサルトライフル、カタナと判明したらしいですね。

 折よく…と言いますか。

pso20181110_132645_002.jpg
             (C)SEGA

 開催中のモンハンコラボのセレシリーズは、職で使用する武器をセレシリーズで揃えれば、潜在効果を持ち替えで維持し続けることができる…という便利なもの。
 これを機に装備を整えてしまうのも手かもしれません。

 ふーむ…。

 実は、ブレイバーの武器『カタナ』とは縁が薄いようで…これまで、これと言った武器を獲得できておらず。
 現環境でブレイバーのレベリングをするのには、少々装備が心許ない鈴蘭です。
 『他の職のレベリングしてる内に、何か出るかも』と悠長に構えていたら、いつの間にかブレイバーとサモナー以外はカンストしてしまって…いよいよ困ってきたところでした。

 流石にギクスのカタナでは型落ちもいいところでしょうしね;

 『カザミで良いんじゃ?』というのも尤もな言葉なのですが、あいにく交換用の石は…。
 …なので。
 いっそブレイバーの装備をセレシリーズで揃え、カタナをファントムに流用。
 ついでに、ロッドとアサルトライフルも取ってしまうのはどうだろうか…と、そんな事を考えました。
 来春のEp.6実装まで間がありますし、その頃にはファントムでの使用を意識した新武器が追加されるやもしれません。
 今から急ぐのは焦りすぎでは…とも思うのですが…。



 …と、ここまで書いたところで、この独り言を読んで下さった方から『”カザミで”ではなく”カザミが”良いですね』という声が。
 ええ、そうでした。
 ことブレイバーのカタナに関してはカザミ一択…というお話でしたね。
 忘れたわけではないのですが…思いついたら、気になってしまいまして;

 覇者の紋章は確かに目減りしていますが、王者の紋章はログインボーナスなどで数があった筈ですし。
 近く、覇者の紋章を都合して、カザミを手に入れることにしますかな。



…こうして気にかけてくださる方の声が聞こえるというのは、幸せなことです。
感謝感謝。



■今日のニークス

 今日は月曜。
 スプラの日です。

 今日も今日とて、マニューバーを担いでの練習…と思ったのですが。
 マニューバー固有のスライド移動を多用せんとするのは良いのですが、どうも雑に使って妙な癖がつき始めているような…。
 などと思い始めた矢先。
 他の武器に持ち替えた時、思わずスライド移動を使おうとしてしまうことがあるのを思い出し…。
 シューターでの動きと、マニューバーでの動きを比べることで、双方を使う自分の悪いところ、良いところが見えてきはしないか…と考え。
 今日はシューターも担いで練習に臨みました。

 今日のお題はガチエリア。

 前に前に、という意識付けは大事なのですが…。
 その意識から敵を追ってばかりになると、勝利条件であるエリアの確保が疎かになり、勝負に勝っても試合に負けることになりかねません。

 

 エリア内の塗り状況を確認しつつ、敵と戦う。
 敵からエリアを守る意識が必要です。



 …なんですが。



 駄目ですね、複数のことを同時並行に行うのが苦手な私は、エリアの塗りと敵との交戦、どちらかに行動が偏りがちです。
 今日も一つ気になるシーンが有りました。
 双方の戦力がほぼ拮抗し、射撃戦でエリアを取り合っている状況で。
 復活した敵の一人が、リスポーンポイントからマップを大回りしてエリアの側面から侵入しようとするのを、たまたま遠目に確認した私は…敵が通るであろうポイントに潜み、『そろそろ来るはず』と決め撃ちをして、これを倒すことに成功しました。
 うまく敵を倒せた、ということは喜ばしいことです。
 ただ、振り返ってみると…。
 敵を遠目に確認し、その意図を推し量った段階で、私に待ち伏せする以外の選択肢はなかったのか。
 敵が接近するまで時間的猶予があることは分かったはずです。
 その時間でエリアの確保を優先し、有利状況を確定することこそが求められていたのではないのでしょうか?

 その一方で…。

 これは以前にもあったことで、繰り返しになりますが。
 前線が上がっても、その動きに遅れ…エリア手前から、守るべきエリアを間に挟んで敵を牽制するような立ち回りをしてます。

 戦うべき時に戦わずに。
 戦うべきでない時に戦う。

 武器の違いよりも何よりも。
 そうした私の間違いが、勝つべき勝ちを逃しているなぁ…と。
 つくづく、そんなことを思った鈴蘭です。



 …個人の射撃精度について頂いたアドバイスの事も書きたかったのですが、ちょっと時間が押しすぎましたね;
 これはこの後の記事に回そうと思います。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する