FC2ブログ

独り言 その壱千四百五拾五

 大きいだけの鈴蘭です。

 週明けから、世界では経済が大きく揺らいでいます。




 世界同時株安…ですか。
 アメリカの政策金利引き上げと米中貿易摩擦がリスク要因となり、今後の企業収益に悪影響を及ぼすことが心配され、ダウ(NYダウ:ニューヨーク証券取引所に上場している優良銘柄30種によって構成される株価指数)が急落。
 世界経済の先行きへの不安が顕在化したとの見方が云々…。



 んー…。
 どう、なんでしょうね?



 資本主義経済というものは、常に拡大し続けることが求められます。
 これは宿命ともいうべきものです。
 しかし、実体とかけ離れたスピードで拡大してしまうと、それは所謂『バブル』となり…かつての日本が経験したように、急激な経済成長と引き替えに破滅的な反動を呼び込むことになります。
 好景気だからと言って、為政者が手放しに喜んでばかりではダメなのです。
 先を見据え、成長スピードを適切にコントロールせねばなりません。

 政策金利の引き上げは、経済の成長スピードを管理するための手段の一つで。
 今のアメリカにとっては驚くことなど無い、ごくごく当たり前の選択です。
 この株安も恐らく想定の内。
 もし予想より影響が大きくなったというのなら、それは投資家の漠然とした不安が伝播した谺のようなもので…一時的な現象ではないかと思います。

 ただ…。



 こうしてアメリカの株安に引っ張られるようにして世界中の株価が下がり。
 特に上海や香港の株価が下がっているのを見て、上手いものだなぁ…と、感心した鈴蘭です。

 攻防一致とでも言えばいいでしょうか。
 アメリカが自国の為に行う政策が、そのまま中国への攻撃に繋がっているのですから。
 こうも上手く相手をハメられるものなんですねぇ…。



 …と、まぁ…これは素人考え。
 本当のところは分からないですけどね;
 しかし、現在のアメリカの対中強硬姿勢は素人目にも分かるほどに鮮明です。



 人権問題に絡めて冬季五輪の開催地変更を要求…ですか。
 ここでウイグルを取り上げたのは、中国の国内問題を宗教問題にまで発展させる腹積もりなのでしょうか。

 ウイグルが信仰しているのはイスラム教。
 一方で、同じように中国に弾圧されていながら、アメリカ議会が今回スルーしたチベットは仏教を信仰しています。
 仏教徒が多いインドや日本は中国とは既に対立関係にあり、アメリカは敢えて問題提起する必要性が薄いと考え。
 イスラム教を信仰するウイグルの問題をクローズアップすることで、新たにイスラム教圏と中国の対立構図を作ろうとしている…とか?

 …アメリカの狙いは定かではありませんが、ウイグルを突かれると中国としては苦しいでしょうね;

 ウイグルの人々の多くが居住する新疆自治区は、中国のエネルギー政策の要衝です。
 中国国内で生産される石油の3割、天然ガスの3割が新疆自治区で生産されています。
 さらに、ロシアやトルクメニスタンから石油や天然ガスを輸入するためのパイプラインが新疆自治区を経由しており…。
 新疆自治区が中国の手を離れれば、中国のエネルギー政策の根本が崩れかねません。
 その重要性を認識している中国は、新疆自治区の独立運動を弾圧する一方で、ウイグルの影響力を削ぐために新疆自治区への漢民族の入植を推進する同化政策をとっている…なんて話もありましたっけ。

 アメリカがウイグルの独立の機運を煽ることで、中国はエネルギー政策で袋小路に追い込まれることになるかもしれません。
 独立を熱望するウイグルとしては、またとないチャンスですが…。
 しかし、アメリカとしてはウイグルを対中戦略のカードの一つとして利用はしても、ウイグルの独立にまで責任を持つものか…怪しいものがありますね;
 新疆自治区はユーラシア大陸のど真ん中にあり。
 北はロシア、東は中国、西はカザフスタン、南はパキスタンに囲まれています。
 仮に親米政権を立てることに成功したとしても、近隣諸国に味方がいないようでは、その後の維持が難しいでしょう。
 いくら産油国とはいえ、陸の孤島では干上がるのを待つだけです。
 いっそパキスタンを突破してインドと通じるのも手でしょうが…。
 それではまるで、かつての中東戦争を擬えるような展開。
 下手をすれば、ウイグルは第二のイスラエルになるかも?
 いえ…その場合、中国、インド、パキスタンと核保有国3つを当事国として巻き込むのですから、イスラエルどころの話ではないかもしれませんか;
 そんなところに、今のアメリカが好んで首を突っ込んでくるかと言われると…。

 …などと、下手な考えばかりが膨らむ鈴蘭です。



 でも…。




 …こうして、事態が一つ一つ進んでいる様を見ると…。
 荒唐無稽な夢物語、と笑ってもいられないように思えるのですよね;



 …あ、ゲームの話が全く入りませんでしたね…今回…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する