FC2ブログ

独り言 その壱千四百参拾五

 大きいだけの鈴蘭です。



 もうおかわりですか。
 こっちはお腹いっぱいですって…;



 いやぁ…。
 なんというか…平成最後の年は、随分と波乱の年となっていますね…;
 熊本の地震、関西地方の地震、中国・四国地方の大雨、関西の台風…これに続いて、更に北海道の地震まで…。
 どの災害も幸いなことに死傷者数こそ少ないですが…被災した世帯の数は膨大なものでしょう。

 聞けば大阪では、停電した世帯は200万を超えたそうですし、今現在も倒木や土砂崩れなどの影響によって、インフラの復旧が確認できない世帯が3万ほど残っているのだとか。
 また、コンビニの商品供給網の復旧も未だのようで、商品棚には品薄のものがチラホラ。
 一部は未だに供給再開の目処が立っていないものもあるようです。
 まぁ、停電で食材の保管施設の中のものがダメになったとかありそうですし…。
 インフラが復旧したからと言って、直ぐに何もかもが元通り…とは行きませんね;

 …いやはや。
 台風で大阪がこんなことになるなんて、初めてですよ;

 普段、当たり前に使っている水道、ガス、電気が使えなくなるのは、本当に不便です。
 北海道の地震では、発電施設や送電網に深刻なダメージがあったとかで、一時は北海道全域が停電してしまったと聞きました。
 この季節だからよかったようなものの…真冬の北海道で電気が使えなくなったりしたら、生死に直結する問題になったんじゃないでしょうか?;
 その点は、不幸中の幸いであったと言えるのかもしれません。



 …そう言えば、停電で思い出しましたが…。



 私は普段から現金を持ち歩き、電子決済は利用しない古いタイプの人間です。
 コンビニのレジにアクセスポイントが置かれているのを見ては、『時代が進んだなぁ』と思いながらも、我関せずとばかりに…。
 いえ…。
 ぶっちゃけ面倒だからこのままでもいいや、と現金を入れた財布を持ち歩いています。

 そんな私である為に、今回の災害で気が付かなかったのですが…。
 キャッシュレス化していた人の中には、今回の北海道の停電で近所の店で何も買えなくなり、途方に暮れてしまった…という人もいたようで。
 『インフラが復旧するまで、どう食い繋ごう…?』というツイートをしていた人がネットで話題になっているのを見かけました。

 便利さに慣れるのも考えもの…ですかね。

 自分の便利な生活が、何によって支えられているのか。
 それは社会の力…人の力によるもので。
 身の回りのもののあれやこれやは、この世に在るべくして存在している自然のものではありません。
 全てが、何があっても変わらない…なんてものではないのです。
 それを忘れることなく…便利さに振り回されることなく、自分の生活を豊かにする道具の一つとして、それらを上手く使えるようになりたいものですね…。



■今日のニークス

pso20180909_001048_018.jpg
                      (C)SEGA

 しまった、暗かった…。
 普段カメラを使ったりしないので、ライトを設定するという発想がありませんでした。
 せっかくの集合写真だったのに、これは失敗しましたね…次回はちゃんと調整して撮らないとです;

 …というわけで。

 この週末は、9月の第2土曜日があり。
 恒例の褐色集会に参加してきました。



 正直、最近の災害続きでどうなることかと心配もしていたのですが…。


 それも杞憂に終わり…今回も多くの方にお越し頂けました。



 …いやはや、なによりでした。



 集会の常連さんの中には、関西の方や北海道の方もおられますからね。
 停電してる可能性がありましたから、アークスシップで姿を見るまで安心できなかったのですよ。

 よく覗いているブロガーさん(PSO2とは無関係)の中に関西の方がおられるのですが…。
 その方は停電時の電気的なショック(?)で通信回線がやられたらしく、ここしばらく記事の更新がされていません。
 業者に修理を依頼しているそうですが、今回の台風の被害で似たような不便に見舞われている人が少なくないそうで、いつ修理の順番が回ってくるのかわからないのだそうです。
 そんな話を聞いていたこともあって、アークスの誰かもそうした不便に見舞われているのではないか…と。



 皆さん何事もなかったようで…いやはや、なによりでした;



 仮想の世界は便利なものです。
 現実にはありえないお話の中だけの光景を、現実であるかのように体験できることは魅力の一つではありますが。
 そこに大事があるのではなく。
 現実に在る私達のあらゆるものと関係なしに、仮想の世界の一つの場所に集まって、誰もが同じ時間を共有できる。
 そこに大事があると思う鈴蘭です。

 でも、楽しさの中で忘れてしまいそうになります。
 何かの拍子に途切れてしまえば、それきりになる…ここは、そんな場所だということを。



 『また今度』

 …そう言って別れて、また会えることが幸せなことだということを、忘れないようにしないといけませんね。



■おまけ


 最近、メインキャラの育成ですら手に余っている状況で、放置状態になっていたサブキャラを久々に起動。
 せっかく、えりすさんにも見てもらったキャラなのですから、積極的に使っていきたいのですけど…。

 私が至らないばかりに、申し訳ない…墨染さん;
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する