FC2ブログ

独り言 その壱千四百弐拾八

 大きいだけの鈴蘭です。



 …また台風ですか。
 今年は随分と多いと思っていましたが…24年ぶりの記録的なペースだったんですね;
 
 幸いな事に、これまでの今年の台風で私や周囲で酷い目に遭った話は無く…なんとか無事に遣り過ごすことが出来ました。
 …しかしながら、先は分かりません。
 特にこの季節…嵐と言えば、怖いのが雷です。

 そうそう落ちるものではありません。
 かと言って、無関係と言い切れるほど縁遠いものでもありません。

 数年前のことになりますか…。

 職場一帯で夜半に激しい雷雨があり、近所に雷が落ちたことがありました。
 職場の電源が一瞬落ちたものの、非常電源が機能したお陰で大事には至らず。
 仕事そのものは大過なく終えることが出来たのですが…。
 雷が落ちた先が、よりにもよってJRの送電施設。
 帰宅しようにも路線の復旧の目処が立たないということで、歩いて帰るハメになってしまいました。

 いや、難儀しました;

 こうしたトラブルは防ぎようがありませんが。
 個人で雷に備えるべきこと…というものはあります。



 知っていても、やっていないこと。
 結構あったりしませんか?



■今日のニークス

 …んー…。
 昨日の記事は失敗しましたか…。
 あれでは、人の生き方に私の作った枠を押し当てるようになってしまっています。

 そんなつもりは無かったのですが…。

 人間らしく生きるということは、必ずしも一つの形に囚われるものではない。
 人の数だけの人間らしい生き方や幸せがあるはず…としたかったのですよ、私としては。
 途中で文の流れの悪さに気付いたものの、どうしようもなくなってしまいました…。

 …むぅ。

 私の文章の拙さは、今に始まった事ではありませんが…。
 だからといって誤解を招くような作りにしてしまって良いものではなく。
 反省すべきは反省せねばなりません。
 並び立てるのが難しいというのなら、書き分けるなりすべきでした。

 色々と申し訳ありません。



 …って、また前回の振り返っていては、同じことの繰り返しですね。
 反省は私の中のこととして、この話はここまでにしておきましょう…;



 では、改めて。


 セガが新たにスマホのゲームを出すということで…アークスシップでも広告ムービーが流れているのを見かけます。

 スマホへの進出で遅れを取ったセガは、この分野でなかなか芽が出ない印象でしたが…。
 しかし流石は古参ゲームメーカーと言うべきか、善戦・健闘もしている様子。
 例えば…esも『出来が良くて面白い』という評判を耳にしたりしますしね。

 ただ、セガのブランドを背負うようなヒット作というほどのものは…?

 セガとしても、ここでなんとか巻き返しを図りたいところでしょうが…どう、なんでしょうね。
 この『イドラ』にしても、古参ゲームメーカーならではの強みを活かすべく、メーカーやシリーズの『ブランドの力』を前面に押し出しているように見えます。
 これは、逆を言うと…。
 『ブランドの力』を取り払った『イドラ』の、『イドラ』ならではの面白さは何処にあるのか…それがよく分かりません。
 広告ムービーを観ていても、こう…印象が定まらなかった鈴蘭です。



 まぁ…この辺は、他社のゲームにも言えることなのですけどね;


 
 言い方は悪いのですが…。
 一つのヒット作品が生まれると、それに類似した作品が雨後の筍のように現れるのがスマホゲームの市場というもので。
 リリースされているゲームの数自体は膨大なものですが…どんなゲームも結局は似たり寄ったり。
 『これでなくては』と選べるゲームなど、そうはないように思います。

 そのゲームを選ぶに足る魅力とは何か。
 そのゲームでなければ体験できない面白さとは何か。

 漠然としたイメージではなく、もっと確たるものをアピールできないのでしょうか。



 これを口にする私自身、アピールなど出来ない人間なので、何をどうとは言えないのですが…;
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する