FC2ブログ

独り言 その壱千参百八拾六

 大きいだけの鈴蘭です。




 明後日には着陸ですか。

 先代の『はやぶさ』は、小惑星『イトカワ』に着陸した際のトラブルが原因で、地球への帰還が遅れたとも聞きますし…。
 此処から先のミッション…無事に済んで欲しいものです。

 今週の私は、月末の締め処理対応の為に休みがズレて…水曜、木曜の2連休となっています。
 これもなにかの巡り合わせでしょうか。
 折角ですし、ネット中継でもあればリアルタイムで見守ってもみたいですね。



■今日のニークス

 今日はスプラの日。
 …ですが…。

 いや、今日は散々でした…。
 ほぼ一方的に封殺され続けるような展開を繰り返すばかり。
 振り返ってみても、これと言った良いところもなく。
 悪いところばかりが特に目立った日であったように思います。





 今日はガチヤグラの日でした。



 使用武器は、前回に引き続きバレルから。
 前回、使ってみて面白みを感じられたこともあり…もう少し使ってみようと思ったのです。



 最初は、バレルを使い…物陰でチャージ、射程の優位を利用して相手を遠ざけて次の物陰まで前進、再び物陰でチャージ…と動こうとしたのですが…。
 一回目は出入りの激しい乱戦で、前に出る機会を掴めず仕舞い。
 いえ、サブのシールドや、スペシャルのバブルを使って足場を確保することを考えもしました。
 ただ…以前に、『交戦中の場所に不用意に差し込んでは、味方を危険に晒す』と忠告を受けたこともあり、『今、自分が使えば味方の迷惑になる』かと思うと、それらを使って前に出ることが出来ませんでした。
 しかし、それは私の未熟が故の迷い。
 そんな私を見ての『使えばいいのに』という言葉に、確かに『下手だから使わない』というのでは上達の目がないな、と思ったものでした。

 続く二、三回目は『それでも前に出よう』ということで、前に出てみることに。
 立ち位置の悪さを指摘され、修正する場面もありましたが…。
 当初の思惑通り、物陰に隠れつつ…という動きが出来た場面もあり。
 個人的には、自分の動きがハマったことに多少の安堵を感じました。 

 思うようにキャラを動かすことにも不自由をしているものですから…;

 …しかし、そもそもの基本的な射程の管理意識というものが不完全です。
 前に出て、その場で足を止めて撃ち合いはするものの。
 後ろに下がるのは死んだときだけ。
 相手を見て押しはしても、相手を見て引くことをしない戦いをしています。
 近距離武器を持った時、消極的な私はそうした意識がなければならないと思って、敢えて突っ込むようにしていますが…。
 このバレルは…というか遠距離武器というものは、そうした戦い方をする武器ではなく。
 前回、『これってバレルの戦い方なのかな』と疑問に思ったのも道理。
 私が何も分かっていなかったのです。

 前に出られるようになり。
 引くことを覚えて、それから。

 未だに消極と慎重の区別が出来ない今の私が持つには、早かったようです。
 




 …何れは、『死なない立ち回り』というものを参考にできるようにもなりたいものですが…。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する