FC2ブログ

独り言 その壱千参百八拾参

 大きいだけの鈴蘭です。

 昨日の記事を書いている途中、スプラの振り返りをしているうちに寝てしまっていました;
 この季節、そうそう風邪を引くものではありませんが…。
 油断は禁物です。
 実は、既に鼻風邪気味でして…これ以上の悪化は避けたいところ。

 書き始めたのがお昼前の事で…。
 寝ている自分に気が付いたのが16時頃でした。

 昨日は、バレルの話から『今の自分の視野の狭さ』、そこから『メインウェポン、サブウェポン、スペシャルウェポンの使用判断の甘さ』に繋げて、今後は折を見て全体マップを確認して、もう少し今の自分を知る努力をしよう…と結ぶつもりだったのですが…。

 寝起きの頭でまとめる自信は無く…バレルの話をそれらしくしたところで離脱。
 日を改めた今回、ネタバレ的にあらましを書くという…。
 ホント、グダグダですね;



 こんなことなら、更新頻度を落とすか…分量を削るか。

 …はて。

 これ自体、何度か考えたことですが…。
 よくよく考えてみると、書きたいものを無理のない範囲で…という私らしからぬ考えですよね…コレ。



 書かねばならない、で書いてたんでしょうか…いつの間にか。



■今日のニークス

 それほどスポーツに関心のない私でも、今回のワールドカップで日本の決勝リーグ進出が難しいということは聞き及んでいます。
 サッカーファンは特に心配だったようで…。
 ウチの職場でも、上司を含めた数人がサッカー観戦を理由に休みを取っているくらいでした。

 日本の初戦の相手であるコロンビアは、過去の大会でベスト8に残るほどの強豪。
 いえ、そもそも、南米勢にアジア勢が勝った試しがないという…。
 日本にとっては鬼門とも言うべき相手です。



 …やっぱり、負けそう?



 私などは、そう思っていたのですが…。




 …見事に勝ちましたね。

 視聴率も48.7%と非常に高いもので…今回のワールドカップは関心が低いなどと言われていたのが嘘のよう。
 もしかして、そうして心配して見ていた人たちの応援が届いたのかな?
 いやはや…何が起こるかわからないものですね;



 …そうそう。



 今回の勝利は、同じグループリーグの他の国の人にとっても意外だったようで。
 その多くが…

 『え、ウソ、日本が勝ったの?』

 …という反応であったのだとか。
 その中で、セネガルのスポーツ記者さんの言葉だったでしょうか。

 『試合を詳しく見ていないが、日本が勝ったと言うなら、日本は強いのだろう』

 …勝ったから強い?
 普通、勝負というものは強いほうが勝つもののように思えます。
 逆説的にも聞こえる言葉は、サッカーに馴染みのない私には印象的です。
 でも…考えてみれば、強いからと言って必ず勝てるものでもありません。
 勝負は時の運。
 人事を尽くした果てに、天運を授かった者が勝者となります。
 強さが全てではありません。
 強さというものは、勝利の鍵の一つでしかないのです。

 何が起こるかわからない。

 そんな場所で勝者になるのですから…。
 強いからこそ勝ったのではなく。
 勝ったからこそ強い、と言うべきなのでしょうね。



 そうした勝負は非情なもの。



 …ですが。



 今回も、日本サポーターが試合後のスタジアムでゴミ拾いをしたそうです。




 これ、マスコミ関係では日本のサポーターのゴミ拾いが取り上げられていますが…。
 現地に居た日本サポーターの目には、別なものが映っていたようです。




 勝負は勝負として。
 人と人はこう在りたいものですね…。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する