FC2ブログ

独り言 その壱千参百八拾壱

 大きいだけの鈴蘭です。

 日曜の晩の仕事は量が少なく…定時前の1時間は、実質的に休憩時間となっています。
 この日もいつものように仕事が滞りなく終わり、後は定時を待つばかり。
 明けて月曜日ということもあって、今日のスプラをどうしたものかを考えていた鈴蘭です。



 …この間、バレルで後ろに居すぎて前線に絡めなかったし…。

 先ずはバレルで積極的に動くところからかなぁ。

 その後は、スシコラでスプラッシュボム、ジェットパックを積極的に使っていく、というのを反復するか…。



 いつも、チャンスが過ぎてから『使いドコロは今だったか』と後悔しています。
 戦闘を振り返って、打開すべきポイントはココにあった、というのは分かるようになって来たのですが…。
 それを事後ではなく、事前に読むことが出来ていません。
 自分が、今、どんな状況にいるのかを把握しきれていない為に、この後の展開を判断出来ない…それが、ようやく実感できてきました。

 まぁ…この出来ていない、というのも私一人では分かりませんでした。
 これだけでも、この時間を持てたことに感謝。

 ともかく…。

 一戦一戦、できる限りをしなくては。




(((´・ω・`)))
…むぅ、対戦を前に武者震いが…。



(((´・ω・`)))
…。



(((´・ω・`)))
あれ、マジで揺れてる?




 最初にドンと強い突き上げ。
 数瞬、力なく揺れて…すぐに激しい横揺れが襲ってきました。
 阪神淡路のときと違い、立つことが難しいという程ではありませんでしたが…身の危険を感じる強い揺れは大阪では初めてです。




 幸い、職場のパソコンのモニタが倒れたり、机の抽斗が飛び出したりしましたが、棚や機材が倒れるといったことはなく。
 怪我人も出ずに一安心。
 地震で乱れたものを元に戻したところで定時となり、帰宅することになったのですが…。

 困ったことに、大阪府下の全てのJRが止まっていました。

 とりあえず、いつもどおりに職場の最寄りの安治川口駅に行きます。
 ネットの情報で全線で運行停止していることは知っていましたが、それが正確なものか分かりません。
 今がどうなっているのか、駅に行けば最新の情報が分かるはずです。

 結果、追確認となりましたが…駅で運転の見合わせと再開の目処が立っていないことを確かめ。
 徒歩で大阪環状線の最寄り駅…西九条駅に移動することにします。
 ここには阪神電車の駅もあるので、こちらで帰宅する事を考えたのです。

 しかし…。

 ネットの路線情報では特に異常の無かった阪神電車も、運転を見合わせていたことを駅で知り。
 交通手段を求め、人でごった返す駅前を見回し…。
 さて、どうしたものかと考えます。

 待つ?
 全線の安全確認の終了がいつになるのか分かりませんし…その間の時間が勿体無いですね;
 タクシー?
 駅前の乗り場では観光客が列を成しており、いつになれば乗れるのか…見当もつきません;
 歩く?
 流石に、ここから歩いて帰るとなると数時間は覚悟しなければなりませんし…それは最終手段。
 バス?
 それが現実的でしょう…が、普段使わないので路線がどうなっているのか分かりませんね…。

 …というわけで、バスの路線情報をスマホ様で検索。
 さっき渡ってきた安治川を歩行者用トンネルで戻ると、その出口にバス停があるようです。
 都合のいいことに、その路線で難波まで行けそう…。
 難波まで戻れば、塒まで歩いても20分程度。
 帰ったも同然です。



 いやー…スマホ様様ですね…;
 欲しい時に欲しい情報を探すことの出来る端末の存在が、こういうときほど有り難いです。

 大阪市内では停電がなかったこともあり、スマホの使用に不都合がなかったことが幸いしました。
 もし使えなかったら…。
 きっと途方に暮れて、電車の運転再開を待って駅前でぼんやりしてたでしょうね…;







 しかし、大阪が震源の震度6クラスの地震とは珍しい…。
 小さいものはありますが、ここまで強いものは記憶にありません。




 日本で現在の観測体制が敷かれて以降、初めての大阪での大地震でしたか;



 今回の地震は、他に発生が懸念されている地震との関係は薄そうですが、極めて震源が浅いとかで…近い内に同規模の余震が発生する可能性があるとのこと。
 地震発生後も一見して変わりのない構造物でも、この地震で傷んだものもあるかもしれません。
 何処に居ても、倒れそうなものの側に行くときは暫く注意したいところですね。

 地震の発生は、どれだけ注意したところで防げるものではありませんが。
 地震の被害は、どれだけ注意したかで抑えることも出来るのですから。



■今日のニークス

 月曜はスプラの日。
 いつものように振り返りを、と思ったのですが…。
 地震の前振りが長くなりすぎましたね;

 続きは明日、改めて…;
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する