独り言 その壱千参百七拾五

 大きいだけの鈴蘭です。




 もう台風ですか。
 昔は、台風というと夏の盛りを過ぎた頃から秋の始めにかけて来るもので。
 台風が通り過ぎる度、夏の暑さが減じていく…というイメージがあったのですが。
 梅雨に入って早々、台風の話とは…気の早いことです;



 …でも、気の早いだけのことでもないのかも?



 昔に比べ、気象観測の技術は進歩しています。
 技術が進歩したことで、遠くにある、それまで見えなかったものが見えるようになっただけのことで。
 今も昔も、本当は変わらずにあった事なのかもしれま…せ…ん……。

 って、あー…いや…。

 そもそも、子供の私が見ていた範囲が狭かっただけのこと…なのでしょうかね;
 天気など、晴れか雨かを知れば十分。
 靴の裏表で占うのと変わらない。
 …その程度の子供でしたから。

 私が変わっただけのことだというのに、周りが変わってしまった…と言うのは、自分勝手というものでしょうかね;



 予報では、明日は関東で大雨。
 関東ほどではないようですが…大阪でも雨のようです。
 帰りに降られても濡れないよう、雨具の準備を忘れずにしておきましょう…。



■今日のニークス

 今週は6月第2週。
 この土曜日には褐色集会が開かれました。

 私は、いつもの場所から眺めているばかりでしたので、これと言ったスクリーンショットもありませんので…。
 会場の様子については、皆さんの目をお借りすることにしましょう。




 うん、今回も盛況で…なにより。



 これは毎度のように言っていますが…。
 イベントですし、盛況であることに越したことはありません。
 人が集まるからこそ、イベントとしての体裁が整うのですから。

 ただ…そうは言っても。

 『人が多いから』で、イベントの良し悪しを決めるものでもありません。
 人の多寡に関わらず、そこに在る…人の求めるもの。
 それが確かであることが大事であろうと思います。



 …確かであることが大事…と思うのですが。
 一方で、確かにすることが大事とは限らないのかな、とも思う鈴蘭です。



 これと一つに決めれば明快です。
 しかし、それ一つに決めてしまえば、それ以外のものは入る余地がなくなってしまいます。
 余地など必要としないイベントもありますが。
 褐色集会の場合…大まかに、向こうを向いてくれれば大丈夫…くらいの緩いものがあれば、自然と形になるのかな…と。
 緩いものだからこそ、形になるのかな…と。

 …まぁ。

 その緩さ故に、とっつきにくさを感じてしまう人もいるかもしれませんし…。
 流れに任せっぱなし、とも行きませんが;
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する