独り言 その百三十六

 大きいだけの鈴蘭です。

 ここ暫くは、アカハック騒ぎやフレさんの事でクエストはおろか、日課のTAも休み気味です。
 まぁ、元よりこうしたお話を伺う事を目的にしている鈴蘭です。
 キャラの育成やゲームの進捗は、他の誰かがやるでしょうし、敢えて自分がやる事もありません。
 鈴蘭を…と望み、選んで下さった皆さんのお話にこそ、無上の価値があると感じています。
 大袈裟ですか(´・ω・`)?
 いいえ、いいえ…今回のアカハック騒ぎで、実感しました。
 本当に得難いのはフレさんだと。

 …とは言え、四六時中、頭を突き合わせて話してばかりも気鬱になります。
 折りよく今日は、フレさんにクエストに引き出して頂いたので、少しばかり気分転換になりました。
 (たいちょうさん、ありがとね~ノシ


 まぁ、クエストに行く以上に、気分的に上向くきっかけになった事として…。
 実際に被害に遭われたフレさん方に、お話を伺えたのが大きいです。
 今後どうされるのか…本当に気掛かりでしたから。

 お話を伺っていく中で。

 『ここで辞めたら、負けたみたいになるから』

 文字にすれば、ありきたりかも知れません。
 …ですが、その言葉を聞いて本当に嬉しく思いました。
 上を向いて、前に前に。
 悔しさなのか、敵愾心なのか。
 自分に推し量る事は出来ませんが。

 ただ…此処でこうして向かい合っているのは、間違いなく人間なんだ…そう思い知らされる言葉を聞けました。

 自分にとっては、今日はこの言葉を聞けたのが…一番の喜びでしたね。




 まだまだ、解決しない諸々がありますが。
 何れ…『辛かったけど、良かったこと』としてお話出来ればいいですね…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する