FC2ブログ

独り言 その百三十五

 大きいだけの鈴蘭です。

 今晩はフレさんからの悲報もなく、穏やかな夜となりました。
 …が、直接のフレさんの被害の知らせはありませんでしたが、フレさんのフレさんの被害のお話は幾つか聞きました。
 食い物にされるのを見ているだけ…というのは、正直やる瀬ないです。

 被害に遭われたフレさんの事後の事は、これから考えるとして…。
 新たな被害者を出さないような取り組みをしないと…ですね。

 フレさんいわく、フリーメールのIDとパスをセガIDのそれと一致させている人は軒並み被害に遭っている…とのこと。
 自分が話を聞いた範囲でも、『OTP(ワンタイムパス)設定してたのに…』という被害例はありません。
 現状ではパスワードの変更、出来ればOTPの設定…これである程度のリスク回避に繋がるようです。

 ただ、フリーメールの一部ではアカウントIDとパスワードが外部に流出しているため、再設定したところでリスクの回避に繋がらない場合もあります。
 プロバイダ契約でPOP3メールサーバを利用できる方は、ユーザー登録のメールアドレスをそちらに変える方がいいかも知れません。

 『これで完璧か?』と問われれば、十全とは言えないかも知れませんが、これ以上は運営側が新たに対策を講じてくれない事にはどうにもなりません。
 ただ、現在ユーザーに採れる手段が全くの無駄…という訳では無いようですし。
 『そんなのしたところで…』と言う前に、セガの推奨する対策を講じておくのがいいでしょうね;
 その手間一つで、守れるものがあるかもしれません。



 被害に遭われたフレさん達にはカンパなりするにしても…。
 基金のようなものがあれば…とも思うんですよね。
 事の性質上、『○○の報酬何%を寄付』とかチャリティーイベント的なノリになっても、第三者的な管理機構があれば復帰支援に偏りが出にくい…はずですし。

 運営に、そうしたユーザー側の窓口があれば話は早いんですが。
 
 個人個人でやるしかありませんね、今は;
 どこも丸く収まる良い手は無いものか…。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する