FC2ブログ

独り言 その壱千参百五拾参

 大きいだけの鈴蘭です。

 先日、霧島連山の一つで250年ぶりとなる噴火がありましたが…。
 アズールレーンを遊んでいる人たちの間では、この噴火はちょっとしたネタになっていました。
 …というのも。
 この噴火した当日にアズールレーンのアップデートがあり…新キャラとして『霧島(霧島山に因んで名付けられた戦艦)』が実装されたから。

 自然の起こす事。
 単なる偶然に過ぎませんが…不思議なものを感じさせる出来事ではあります。



 最近、太平洋沿岸地域での地震や噴火が相次いでいます。
 この現象は、『火のリング』と呼ばれる『環太平洋火山帯』が活動期に入ったため…とも言われているそうです。

環太平洋火山帯(かんたいへいようかざんたい、英: Ring of Fire)は、太平洋の周囲を取り巻く火山帯のことで、火山列島や火山群の総称。別名環太平洋造山帯(かんたいへいようぞうざんたい)とも言い、アルプス・ヒマラヤ造山帯とともに世界の2大造山帯とも言われる。日本も環太平洋火山帯の一部にかかっている。
【Wikipedia:環太平洋火山帯



 昨日には、ハワイのキラウエア火山でも噴火が起こりました。



 この噴火で、多くの人が避難することになったということです。

 自然の起こす事。
 単なる偶然に過ぎませんが…その一言で済ませることのできない、大事です。
 その光景には美しさを感じもします。
 ですが、その光景は…間違いなく人に害を及ぼす災害の実像です。

 当たり前にしていると、その事を忘れがちですが…。
 ネタをネタとして話せるのは、幸せな事に違いありません。
 出来ることなら、この火山も大きな被害を出すことなく、収まって欲しいものですね…。



■今日のニークス

 今日はスプラの日でした。

 先日の教えに従い、動きを観察しようと思っていたのですが…。
 色々ダメでしたね;
 結局、観察どころではありませんでした。



 まず、のっけから…『今回はどうしたものか』と考えてばかりで、今の自分の状態も把握できておらず。
 試し撃ちの装備のままで戦闘開始。
 近くで戦いつつ観察する上では、短射程・中射程武器であるべきだというのに、長射程武器を担いで出てしまいました。

 落ち着いていこうと決めていたのに、早々に失敗してしまいましたね…;



 というわけで…。
 気を取り直して、武器を変えて再挑戦したのですが。



 …ですが…。



 これまでメインのタスクとして自分の中に設定されていた『自分が戦う』ことと、新たに設定された『特定の人を追いかけて観察する』というタスクを両立できず。
 こう…何かを判断しようとするたびに、相手を見て、敵を見て、『どうしようか?』『どちらを優先しようか?』と迷っていました。
 今更ながらに、こんな風に迷うということは…。
 結局、私は自分以外の何もかもを注視せず、考えて戦うということをしていなかった…ということなのでしょう。
 本来であれば、追加されたとしても問題になるようなタスクではないはずなのですから。

 今回の機会を通して、一度として観察することが出来ず、まったく追いつけませんでしたし…。
 振り返ってみても…新たに何かを得る、という実感はありませんでした。
 …ああ、いえ。
 自分と相手との動き速さの違いを明確にできた、という点は収穫です。
 しかし、もし次を望むとしても。
 このままでは同じことを繰り返すだけになりそうです。
 敵と対面して、自分一人で戦って切り抜けるだけの立ち会いでの技量を磨いてからの話…でしょう、これは。



 先を見るのは、私にはまだまだ早かった。
 それが分かったのは良かったことではありますが。
 ただそれだけのために、相手の時間を使わせることになったのは…正直、申し訳なかったですね;
 本来であれば、もっと有意義なものであるべきであったのでしょうから。



 ともあれ、今の自分に出来ることを探して、もう一度。



 

 …取り敢えず、勧めていただいた方の動画を見て、それから…でしょうか。
 
 先に言ったように、自分自身の動きを良くする、という事も必要ですが。
 相手が何処に行こうとしているのか、その目星をつけられる…そうした…なんでしょう、呼吸…?
 うまい言葉が見つかりませんが…。
 そうしたものを含め、もっともっと広く、深く、知らねばなりません。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する