FC2ブログ

独り言 その壱千参百四拾七

 大きいだけの鈴蘭です。

 先日、真夏日を記録した大阪。
 まだ4月だというのに、梅雨を飛び越して夏が来てしまいました。

 幸い、その前日にエアコン様の掃除をしていたので…事なきを得ましたが。
 エアコン様が使えない状態で、あの陽気は…ちょっと勘弁して欲しいところでしたね;

 まさにエアコン様様です。

 …まぁ、私はそうして感謝していれば良いのですけど…。
 自分で環境を作れないモノは、そうもいきません。

 最近、ちょっと気掛かりなのがSwitchの熱。
 テレビに外部出力している間、Switch本体に熱が籠もっているみたいでして…。
 動作が不安定になっていることは無いと思うのですが、これからの季節、このままにしておいていいものか不安があります。



 何か良い手は無いものかと考え…。



夏に向けて準備を(´・ω・`)


 …Amazonで、こんなものを頼んでみました。



 Switchの排気口に装着し、中の熱気を吸い出す機械です。
 本来はノートパソコン向けの機械ですが、Switchにも対応しているとのこと。
 外に持ち出す時の取り外しも簡単のようですし…何より値段が手頃なのが良いですね。

 金曜の朝にでも受け取って、着けてみようかと思っています。
 使用感などは、来週にでも改めて。



■今日のニークス

 ちょいとスプラについて…。
 先日の私の振り返りに関して、『それだと答えが出ない』というご指摘をいただきました。



 …そこで思うところを独り言。



 子曰。朝聞道。夕死可矣。
  子曰く、朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なり。

 子曰。士志於道。而恥惡衣惡食者。未足與議也。
  子曰く、士、道に志して、悪衣悪食を恥ずる者は、未だ与に議るに足らざるなり。



 【現代訳】
 真理がきけたら、その日に死んでもいい。
 真理を求める人が、着物くい物を気にしては、話せるとはいえないな。



 『論語』の一節です。
 求道者たるものはかくあれかし…と、孔子が心構えを説いています。

 孔子の言葉は、此処でも何度となく触れて来ました。
 それらを見ると、孔子は随分と立派な人物だったと思われるかもしれません。
 しかし、実際にはどうだったのかというと…。

 孔子の食生活について言及している記述があるので、それを見てみましょう。 



 米は出来るだけ精白し、膾(牛、羊、魚などの肉の細切り)は綺麗に細切りにすること。

 傷んだ米、傷んだ魚肉、色の悪いもの、悪臭を放つものは食べない。

 きちんと包丁を使っていないもの、ソースが合っていないものは食べない。

 酒と干し肉は必ず自家製のものを。市販品を買うのはダメだ。



 孔子の生きていた時代、既に稲作は始まっており、米自体はありましたが…庶民の間では稗、粟、黍といった雑穀類が食べられていました。
 精白した米を…と言っているのは、それだけで随分な贅沢です。
 傷んだ食材はダメというのは、まぁ当たり前としても…。
 形が不揃いなものはダメ。
 ソースの組み合わせを外すな。
 市販品の酒など飲めるか。

 …いや、どこぞの海原雄山ですか?

 その一方で、『真理を求める人が、着物くい物を気にしては、話せるとはいえないな。』と言っているのです。
 それはそれとして、脇において。
 あくまで、実践するに当たって、そうした心構えでいるべきだ、ということなのでしょうね。
 俗な私などでも、親近感を覚える話です。



 まぁ…ただ、これを見て考えたのです、自分自身のことを。
 そして、感じたのです。
 私は、やっぱり逆なのだなぁ…と。

 野菜など、洗って何もつけずに生のまま。
 大きさ? 口に入るのであれば問題ないでしょう。
 冷めようが、伸びようが頓着しない。
 過剰に辛かったり、苦かったり、甘かったり、酸っぱかったりしないのであれば大丈夫。
 極端な話、カロリーと栄養が摂取できるのであれば、錠剤だけでも構わない。
 生来、食べるものへの拘りが希薄な私にとって、ああした美食への拘りというのは…理解の外にあり。
 生きるために必要なもの以上を求める…無駄に思え。
 それは、私のイメージする『求道者』というものには、似つかわしくないものにも見えます。

 でも…。

 粗衣粗食をしていれば、求道者足り得るのでしょうか?
 粗衣粗食をすることが、求道者の条件なのでしょうか?

 …違いますよね。

 その人が何かを求める中で、優先順位が決まっており。
 その優先順位に従った結果、自然と食べるものや着るものへの関心が薄くなるのでしょうから。
 しかし、私は逆なのです。
 心構えがないまま、『こうあるべき』と決めてかかり、形を真似ようとしています。
 それで中身が伴うはずもありません。



 『考える』と、私は口にしますが。
 果たして…。
 何のために、何を考えるのか…。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する