FC2ブログ

独り言 その壱千参百壱拾八

 大きいだけの鈴蘭です。




 量子宇宙論の第一人者、スティーブン・ホーキング博士が亡くなったとのこと。
 おそらく、人類で最も宇宙に詳しかった人。
 科学者のみならず、その死を惜しむ人は、きっと世界中にいることでしょう。

 現在の宇宙に関する研究に、現代宇宙論というものがあります。

現代の宇宙論は大まかに言って宇宙に存在する最も大きな天体(銀河、銀河団、超銀河団)を扱い、また宇宙の最も初期に形成された独特の天体(クエーサー)や、ほぼ一様だった最初期の宇宙自身を研究対象とする。

素粒子物理学の実験結果に強く影響されること、研究内容が天体物理学や一般相対性理論、プラズマ物理学から現象学や超弦理論(M理論)、量子力学などに及ぶといった点で、物理学の中では異質の学問分野である。


 ホーキング博士は、この研究を形作る理論を組み立てた人…



 …らしいです。



 いや、専門知識を持たない一般人に『宇宙とはなんぞや』を解説する著作『ホーキング、宇宙を語る』などもあるのですが。
 身近にあるものを発明した人であれば、私でもその有り難さを実感できるのですけど…。
 『今、私達のいる宇宙はこうなっているんですよ』と言われても、その凄さが馬鹿な私などに分かりようもなく;

 …なので、私にも分かる言葉で故人を偲ぼうかと思った鈴蘭です。



 I try to lead as normal a life as possible, and not regret the things it prevents me from doing.
 人生は、できることに集中することであり、できないことを悔やむことではない



 筋萎縮性側索硬化症を患い、50年に及ぶ闘病生活の中で研究を続けた『車椅子の物理学者』。
 上記のモーメントにもありますが…ホーキング博士は『スタートレック』の熱烈なファンで、本人の希望もあって『スタートレック』に本人役で出演しており、劇中でニュートン、アインシュタイン、ホーキング博士の三人でポーカーに興じています。
 そんなホーキング博士は、スター・トレックの撮影スタジオを見学した際。
 エンタープライズ号の機関部のセットに触れながら、『私はこれを実現させるために研究しているんだ』と語ったのだとか。

 言葉通りに自身に出来ることに集中し、宇宙の真理へと迫った現代の偉人です。
 この言葉が、どれだけの重みを持つものか…。

 心より、御冥福をお祈りします。



■今日のニークス

 いつぞやも、この独り言で取り上げたことがありましたが…。

 私は電話の類いが嫌いです。

 それは、私が人との接触を嫌う以上に…簡単に相手に繋がってしまう便利さの為です。
 いつでもどこでも。
 それは、相手と話をする上で便利に違いありません。
 しかし、こちらの都合で勝手に相手に繋げてしまうのは…ひどく不躾なことではないのでしょうか?

 私がされる分には、さほど気にしないのですが…。
 私がするとなると、どうしても気になってしまいます。

 スカイプなどの連絡手段を持つようになっても、それは同様で。
 簡単に相手に繋がってしまうという事が、相手に迷惑にならないものか…それを心配してしまうのです。

 もし寝ていたら?
 もし立て込んでいたら?
 もし…。

 私のために相手の時間を邪魔してしまっては、申し訳が立ちませんから。



 ただこれも…。



 この独り言で、ご指摘いただいたように思いますが。
 されるのは良いけど、するのは嫌…というのは、ただの我儘でしかありません。
 私の、そうした態度こそが相手を遠ざけてしまっている…と言えるでしょう。

 私は嫌だと思ってるけど、あなたがするのは良いと思う。

 …それを相手はどう感じるのか、という話です。
 結局、私は相手に踏み込むことへの恐れを、体のいい理由を見つけて誤魔化しているに過ぎず。
 私の電話嫌いは…中身のない、形だけのものでしかないのです。

 以前、連絡用に…と、頂いたスカイプの連絡先も。
 先方から連絡が入るのを受けるばかりで、こちらから連絡した事は殆どありません。
 いつ、どのように、どんなことを。
 それを思うと、自分から使うということに抵抗があったのですね。

 ですが、やっと…。
 いえ。
 今更、でしょうか。

 相手への思いやり…気遣いは忘れてはいけない。
 それは大事なことに違いありません。
 しかし、それを相手への言い訳にするのは卑怯というもの。
 そうして、理由をつけては相手を遠ざける…私の在り様を省みて。
 私に、その意識がなかったとは言え…。
 …いえ、むしろ。
 そうして無自覚であったからこそ、相手を傷つけていたのではないか。
 大仰…とも思われるかもしれませんが。
 こうして考える内に、そんな私に付き合い続けていてくれた相手のことに気付き。
 改めて申し訳なく思い…ただただ感謝したくなった。
 …なんとも自分勝手な鈴蘭です。



 出来るはずのことをしないまま。
 出来なかったことを後悔し続ける。

 …それは違うと、ホーキング博士は言っています。

 なので…。

 『話をしてもいいですか?』…と。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する