独り言 その壱千弐百六拾弐

 大きいだけの鈴蘭です。






(´・ω・`)
(つ■と)
…ABC予想…。




abc予想(abcよそう、別名 Oesterlé–Masser 予想)は、1985年に Joseph Oesterlé と David Masser により提起された数論の予想である。これは多項式に関するメーソン・ストーサーズの定理の整数における類似であり、互いに素でありかつ a + b = c を満たすような3つの自然数(この予想に呼び方を合わせると)a, b, c について述べている。

abc予想は、この予想から数々の興味深い結果が得られることから有名になった。数論における数多の有名な予想や定理が abc予想から直ちに導かれる。Goldfeld (1996) は、abc予想を「ディオファントス解析で最も重要な未解決問題」であるとしている。

2012年8月、京都大学数理解析研究所教授の望月新一は abc予想を証明したとする論文を発表した。望月は証明に用いた理論を宇宙際タイヒミュラー理論(英語版)と呼んでおり、スピロ予想 (Szpiro's conjecture) とヴォイタ予想 (Vojta's conjecture) の証明などを含む応用があるという。
          【出典:Wikipedia





(´・ω・`)
(つ■と)
…。




(´・ω・`)
(つ■と)
…あー、なるほど…。




(´・ω・`)
(つ■と)
わからんわ。




 素人に分かる筈もない、高等数学のお話。
 …というか、素人どころか…。
 この論文を発表した当時、論文の内容が理解できる人が世界に数人しかおらず、望月教授自身が論文の勉強会を開いて、『そもそも何が書かれたものであるのか』の講義から始めなければならなかったのだとか。

 あまりにも独創的であったがためのエピソードです。
 …しかし、このエピソードは…なかなかに凄いことではないでしょうか。

 技術というものは、世界のただの一点で突発的、偶発的に発生するものではありません。
 一人の天才によって発見されたものでも、それは現在の文明に根ざした体系の枝の先にあるもので。
 門外漢にとっては『理解不能の未知のもの』であっても。
 専門家から見れば、『理解可能な既知のもの』であるのです。

 『まさか』、という驚きも。
 『そんなものがあるなんて』というものではなく。
 多くは『先を越されるとは』というものであるのです。



 …例えばの話。



 原子爆弾を実戦に投入した最初の国はアメリカです。
 しかし、アメリカだけが原子爆弾を作っていた訳ではありません。
 当時の先進国は、それぞれで核分裂反応のエネルギーを用いた新型爆弾の可能性について研究をしており。
 日本でも二号研究やF計画といった核兵器研究・開発計画が進められていました。

 アメリカの原子爆弾は、凄まじい威力を持つ新兵器ではありましたが。
 それは予想された登場であり。
 『想像を絶する』ものではなかったのです。



 …それを思えば…。
 誰も想像していなかった方法で実現させてしまった、というのは凄いことではないでしょうか?

 加えて。

 このABC予想…確か、これが正しいとすると…世界中の数学者が300年以上解けないとしてきた『フェルマーの最終定理』を『そんなの当たり前のことじゃない(´・ω・`)?』と一蹴してしまうことになるとかなんとか…。



( ´・ω・`)
( つ x と)
…解る人には世界がひっくり返るような出来事なのかねぇ。




■今日のニークス

 この月末…というか、年末年始ですね。
 『アズールレーン』では新章開放とともに、新しい軍艦シリーズ…ドイツ艦モチーフだそうです…が追加されると聞き。
 ガチャに備えて、コツコツ準備してきたのですが…。



( ´・ω・`)
( つ x と)
…え、そうなんですか。




 ある評判を聞きつけ、ガチャの戦いに向かった鈴蘭です。



 この『アズールレーン』というゲーム。
 ガチャを回すのに、『キューブ』というものと『資金』というゲーム内のステータスが必要になります。
 どちらもゲーム内のお題をクリアすることで、毎日稼ぐことができるのですが…。
 PSO2で言えば、DODOに持ち込むグラインダーとメセタのような関係で、どちらか一方だけがあってもガチャは回せません。
 2つの資材を万遍なく揃える必要があるのです。
 しかし、備蓄できる『資金』の上限が絶妙な高さに設定されていて…。
 何かに使えばすぐ無くなり、金策に走らねばならない…常にプレイヤーを動かすように出来ています。

 チャンスを窺って『キューブ』を貯めたところで、使うべきポイントで『資金』が足りなくなって使いきれない…ということも、ままあるのですね。

 課金すればどうとでもなりますが、多くは課金しない方針の鈴蘭のこと。
 現状のペースで貯めても、果たして意味があるのかどうか…と、疑問に思っていた矢先のことでした。
 お友達から、『最近追加されたセントルイスはお勧めですよ』と聞き…。
 







( ´・ω・`)
( つ x と)
…貴女が目標、ロックオンや。




 …とはいえ、狙ったからといって出るものでもないのが、ガチャというもの。
 この辺は、レア掘りであれなんであれ…『ままならないこと』をゲームの醍醐味として、楽しめるかどうか…でしょう。
 物事が思い通りに行かないのは愉快ではありませんが。
 物事が思い通りに行くだけ…というのも愉快ではありません。
 しないで済むなら、苦労などしたくはないのが人間です。
 ゲームの中でまで、何故に苦労せねばならないのか…そう思うこともあるでしょう。

 しかし。

 望んだ結果さえ手に入ればそれでいい、というのであれば…ゲームの過程など全くの不要になってしまいます。



( ´・ω・`)
( つ x と)
それは…ちと寂しいわな。




 自分の目的に至る道筋に、本来あるべきではない余計。
 その余計にこそ、求めるべきものが隠れているかもしれません。



 今回のガチャは不首尾に終わりましたが…。
 次への楽しみができたと思えば、これはこれで。

 不首尾になったからこそ、此処にこうして書くことにもなったのですしね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する